メインメニューを開く

兵庫県立淡路島公園(ひょうごけんりつあわじしまこうえん)は兵庫県淡路市にある公立都市公園である。

兵庫県立淡路島公園
噴水広場
兵庫県立淡路島公園の位置(兵庫県内)
兵庫県立淡路島公園
分類 広域公園
所在地
兵庫県淡路市楠本2425-2
面積 開園面積:87.2 ha
計画面積:148.8 ha
設備・遊具 あり
木の遊び場・水の遊び場
駐車場 あり
テンプレートを表示

目次

概要編集

開園面積87.2 ha, 計画面積148.8 haという広大な緑地空間で、1977年から整備が開始され、1985年に部分開園した[1]。兵庫県から委託を受けた淡路花博記念事業協会が管理運営を行っている。

明石海峡から大阪湾までパノラマの海を望む風光明媚な淡路島北部丘陵地帯に位置する。明石海峡大橋神戸市街を望む淡路島随一の夜景と星空のビューポイントであり、年間約200万人が訪れる。

近隣の淡路夢舞台国営明石海峡公園などとともに淡路島国際公園都市を構成する。

ゾーン編集

 
森のゾーン
 
交流ゾーン

淡路ハイウェイオアシスゾーン」、「森のゾーン」、「交流ゾーン」の3ゾーンで構成される。

  • 淡路ハイウェイオアシスゾーン - 1998年4月、明石海峡大橋開通と同時にオープンした。神戸淡路鳴門自動車道の淡路サービスエリアに直結している。ゾーンは「花の谷」など花と樹木によって憩いの空間が形成されており、コア施設であるオアシス館にはアトリウムをメインに、 レストランカフェ、淡路随一の品揃えの物産店がある。
  • 森のゾーン - 森林が自然の状態で多く残されている区域で、森を縫う遊歩道が林間広場、アジサイの谷、展望広場、多目的広場などを結ぶ。多目的広場の使用は無料だが、予約が必要。
  • 交流ゾーン - 昭和池の畔にローラーすべり台や海賊砦などの大型遊具がある「木の遊び場」と水鉄砲や手押しポンプなどの遊具がある「水の遊び場」という子供用遊び場がある。また、2004年には12.5 haの大きな芝生広場がオープンした。

データ編集

  • 着工 - 1977年
  • 開園 - 1985年(一部)
  • 面積
    • 開園面積 - 87.2 ha
    • 計画面積 - 148.8 ha
  • 所在地 - 兵庫県淡路市岩屋楠本2425-2

交通アクセス編集

関連施設・周辺情報編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 淡路島公園とは”. 兵庫県立淡路島公園. 2012年5月13日閲覧。

外部リンク編集