兵庫県徽章(1921年制定)

兵庫県徽章(ひょうごけんきしょう)、通称兵庫県章(ひょうごけんしょう)は、日本都道府県の一つ、兵庫県県章旧著作権法の規定により、1952年昭和27年)1月1日よりパブリックドメインとなっている。

概要編集

 
兵庫県姫路総合庁舎(上部に県章)
 
兵庫県社総合庁舎(上部に県章)

1921年大正10年)に官選第15代知事有吉忠一が制定を提唱し、県庁内でデザインの公募を実施した。その結果、漢字の「兵」を四角い形に図案化した営繕課長・置塩章のデザイン案が採用され、同年2月10日の県告示第81号「兵庫県徽章」により制定された[1]

県章の配色は告示では特に定められていないが、カラーの場合は県公式サイト内の「こどものひろば」を始め黄色を用いるのが慣例となっている[2]

1964年昭和39年)に兵庫県旗が制定されて以降、県旗のデザインに取って代わられる形でこの県章の使用機会はほとんど失われている[1]。県の公式サイトでも「県の概要」では県旗のみが紹介されているのを始め[3]全国知事会のサイトでも県旗のみを掲載しており県章に関する説明は一切存在しない[4]。ただし、廃止された訳ではなく県では現在も県旗・県章の両方を正式なシンボルであると規定しており[5]、先述の「こどものひろば」では県章も県旗と併せて紹介されている[2]

使用例編集

現在では主に排水溝の蓋、土地の境界を示す杭や金具など土木関係の物に用いられている。また、1960年代前半頃に建てられた古い県営住宅の外壁でも県章が描かれている場合がある[6]

県庁舎では正門[7]県議会本会議場の議長席後方の壁に金色の県章が配されている[7]。また、北播磨県民局が入る社総合庁舎および中播磨県民センターが入る姫路総合庁舎の最上階には庁舎名と合わせて県章がデザインされている。

県関係組織・外郭団体での使用編集

県旗では県章が用いられていないのに対し、県の関係組織や外郭団体の旗では県章を取り入れたものが多く見られる。

参考文献、注釈編集

[ヘルプ]
  • 国民文化協会『事典 シンボルと公式制度 日本篇』(国際図書、1968年NCID BN09461711
  • 苅安望、西浦和孝『日本「地方旗」図鑑 解読編 ふるさとの旗を読む』(えにし書房2017年ISBN 978-4-908073-39-7

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集