メインメニューを開く

兵庫県議会(ひょうごけんぎかい)は、日本の地方議会兵庫県議決機関

兵庫県議会
紋章もしくはロゴ
種類
種類
役職
議長
長岡壮寿(自由民主党
副議長
浜田知昭(自由民主党)
構成
定数 86
Hyogo Prefectural Assmbly 2019.svg
院内勢力

県政与党 (69)

  自由民主党 (43)
  ひょうご県民連合(14)
  公明党・県民会議 (13)

県政野党 (13)

  維新の会 (8)
  日本共産党 (5)

無所属 (4)

  無所属(3)
選挙
中選挙区制小選挙区制
前回選挙
2019年4月7日
議事堂
Building of Hyogo Prefectural Assembly 20161218.jpg
日本の旗 日本
兵庫県神戸市中央区下山手通5丁目10番1号
ウェブサイト
兵庫県議会
脚注

概要

正副議長のポストは1966年昭和41年)以来、自民党が独占している[2]2019年令和元年)6月の定例県議会では、4月に執行された第19回統一地方選挙で自民党が保守系無所属の追加公認や会派入りを含めても単独過半数を割り込んだため、他会派が副議長ポストを第2会派のひょうご県民連合に譲るよう要求したが折り合わなかった。そのため副議長ポストの決選投票が行われたが、疑問票の扱いを巡って紛糾した末に従来通り自民党が正副議長ポストを独占する結果となっている[3]

任期

4年。議会が解散されれば、その時点で失職する。

任期のずれ解消措置

1995年平成7年)1月に発生した阪神・淡路大震災の発生により、県下において同年4月の第13回統一地方選挙実施が見込めなかったため、議員の任期を特例で2ヶ月延長して6月に県議会議員選挙を実施した。しかし、4年後の1999年(平成11年)には選挙日程だけを第14回統一地方選挙に合わせている。そのため、以降も4月に選挙が行われても実際の任期は6月からとなり、選挙で当選した新議員が2ヶ月間議員活動ができない一方で、引退や落選した旧議員が議員身分を持つことになり、選挙後の2ヶ月間は議会も開かれない。このような有権者の判断がすぐに反映されない状況が続いていた[4]
しかし、2017年(平成29年)5月に次回選挙の当選者について任期を約2か月短縮する特例法が国会で成立したことにより、2019年(平成31年)4月の第19回統一地方選挙については当選者の任期が通常4年のところ「3年10か月」となり、震災から28年を経た2023年(令和5年)4月の第20回統一地方選挙からは「ずれ」が解消される予定となっている[5]

選出方法

中選挙区制小選挙区制を実施。

事務局

県議会を補助する事務組織として、事務局が置かれている。

  • 総務課
  • 議事課
  • 調査課
  • 図書室

会派

会派名 議員数 所属党派
自由民主党 43
ひょうご県民連合 14 立憲民主党国民民主党無所属
公明党・県民会議 13
維新の会 8 日本維新の会
日本共産党 5
無所属 3
合計 86

※2019年(令和元年)8月27日現在。

  • 常任委員会
    • 総務常任委員会
    • 健康福祉常任委員会
    • 産業労働常任委員会
    • 農政環境常任委員会
    • 建設常任委員会
    • 文教常任委員会
    • 警察常任委員会
  • 特別委員会
    • 議員定数等調査特別委員会
    • 予算特別委員会
    • 行財政構造改革調査特別委員会
    • 決算特別委員会
  • 議会運営委員会

各選挙区の定数・区域

過去の選挙

日時 投票率 選挙区 定数 備考
2019年4月7日統一地方選挙 38.79% 39 86人
2015年4月12日統一地方選挙 40.55% 40 87人
2011年4月10日統一地方選挙 41.43% 41 89人
2007年4月8日統一地方選挙 45.67% 44 92人
2003年4月13日統一地方選挙 44.60% 46 93人

主な兵庫県議会議員出身者

国会議員
首長

不祥事

政務活動費不正使用問題

2014年7月1日、前年度の政務活動費の不正使用を問われた野々村竜太郎の記者会見を契機に、全県議員を対象に実施した過去3年度分の政務費の調査を行い、その結果を公表した。調査の結果、約3割にあたる県議員24人と1会派の支出計約490万円の使用が不適切と認定され返還を求めた[7][8]

市民団体が辞職者を含む兵庫県議8人に対し、政務活動費に不当な支出があるとして返還を求めていた住民監査請求を起こしたが、県監査委員は2014年11月11日に、2011年度分と2012年度分は請求期間を過ぎているとして請求を却下。2013年度分についても請求を棄却している[9]

疑惑が浮上した当初、野々村は政務活動費の使用が正当なものであることを強く主張していたが[10]、結果的に7月11日付で県議を辞職し[11]、2011年度以降に受けとった政務費計1834万円および遅延利息約89万円を返還した[12][13]。県議会は7月に各会派代表の連名で野々村を虚偽公文書作成・同行使罪で兵庫県警告発しており[11]、その後の捜査で年197回におよぶ日帰りのカラ出張[14]、「切手代」の名目で金券を購入して私的に使用[15]クレジットカードの利用明細の偽造[16]などを行っていたことが明らかとなっている。2015年1月、県警は野々村を詐欺および虚偽公文書作成・同行使容疑で神戸地方検察庁(神戸地検)へ書類送検した[17]。検察に対して起訴を求める「厳重処分」の意見が付けられている[18]。同年8月18日、神戸地検は野々村を政活費計913万2050円を騙し取った詐欺及び虚偽公文書作成・同行使容疑で在宅起訴[19]した。初公判の出廷を拒否したために勾留手続きを取られるなど異例の公判となった上で、2016年7月6日に神戸地裁は懲役3年執行猶予4年の有罪判決を言い渡した[20]

尚、野々村の不祥事がスクープされるに当たり、記者会見では当人が大声で泣き叫びながら質問に答えるという極めて異様な光景だったことも相まって世間で大きな話題を呼び、バラエティ番組お笑い芸人たちにネタにされただけでなく、一部のテレビドラマテレビアニメでも同会見のパロディのような演出が行われる程であった[21][22]。また、インターネットではその記者会見の様子をサンプリングしたMADムービー同人音楽が多数投稿され[23]、同年度のネット流行語大賞の銀賞には、野々村の会見時の喚き声を文字化した「ンァッ! ハッハッハッハー! この日本ンフンフンッハアアアアアアアアアアァン! アゥッアゥオゥウアアアアアアアアアアアアアアーゥアン! コノヒホンァゥァゥ……アー! 世の中を……ウッ……ガエダイ!」が選ばれた[24]

自民党県議の岩谷英雄は、返還額が最多の約169万円で私用のガソリン代などに充てていた[7][25]。また、自民党県議の加茂忍は家族を伴った出張旅費など約100万円を返還[7][25]。市民オンブズマン兵庫などが、岩谷と加茂に対し詐欺容疑などで刑事告発している[7][25]

脚注

  1. ^ a b “自民、半世紀超の独占維持 県会の正副議長決まる”. 神戸新聞NEXT (神戸新聞社). (2019年6月13日). https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201906/0012423528.shtml 2019年6月13日閲覧。 
  2. ^ “県会できょう正副議長選 半世紀超の自民独占続くか”. 神戸新聞NEXT (神戸新聞社). (2019年6月13日). https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201906/0012422099.shtml 2019年6月13日閲覧。 
  3. ^ “兵庫県議会の副議長選で「疑問票」 約2時間空転 自民系の過半数割で”. ニュースサイト「毎日新聞」 (毎日新聞大阪本社). (2019年6月13日). https://mainichi.jp/articles/20190613/k00/00m/040/244000c 2019年6月13日閲覧。 
  4. ^ 神戸新聞、2011年3月8日
  5. ^ 選挙期日と議員任期の「ずれ」の解消に伴う次期県議会議員の任期について
  6. ^ 選挙区別一覧表 - 兵庫県議会
  7. ^ a b c d 政務費460万円返還を請求へ 兵庫県議会”. 日本経済新聞 (2014年10月11日). 2014年12月8日閲覧。
  8. ^ 〝号泣県議〟続報「議員特権にあぐら」トイレ修理、PTA祝儀…まだまだ出てくる不自然な〝政治とカネ〟”. 産経新聞 (2014年11月13日). 2014年12月8日閲覧。
  9. ^ 8県議への返還請求棄却 県監査委員、政活費支出「内規通り」”. 神戸新聞NEXT (2014年11月11日). 2014年12月8日閲覧。
  10. ^ 神戸新聞NEXT|社会|野々村県議が会見 支出の正当性強調 政務活動費問題
  11. ^ a b “野々村県議が辞職 虚偽公文書作成などで告発”. 産経新聞. (2014年7月11日). http://www.sankei.com/west/news/140711/wst1407110018-n1.html 2015年1月7日閲覧。 
  12. ^ “兵庫県議会、政務費1834万円の返還確認 利息分90万円も請求へ”. 産経新聞. (2014年7月24日). http://www.sankei.com/west/news/140724/wst1407240039-n1.html 2015年1月7日閲覧。 
  13. ^ “野々村氏、約89万円を返還 政務費の利息分を一括振り込み”. 産経新聞. (2014年8月11日). http://www.sankei.com/west/news/140811/wst1408110052-n1.html 2015年1月7日閲覧。 
  14. ^ “号泣…野々村元県議、任意の調べにカラ出張認める 兵庫県警”. 産経新聞. (2014年9月18日). http://www.sankei.com/west/news/140918/wst1409180019-n1.html 2015年1月7日閲覧。 
  15. ^ “政務活動費「金券買い使った」 野々村元県議”. 産経新聞. (2014年9月27日). http://www.sankei.com/affairs/news/140927/afr1409270017-n1.html 2015年1月7日閲覧。 
  16. ^ “カード明細切り貼り偽装か 兵庫県警、事情聴取へ”. 産経新聞. (2014年9月2日). http://www.sankei.com/west/news/140902/wst1409020026-n1.html 2015年1月7日閲覧。 
  17. ^ ““号泣県議”を書類送検 兵庫県警 野々村元県議、容疑認める”. 産経新聞. (2015年1月19日). http://www.sankei.com/west/news/150119/wst1501190060-n1.html 2015年1月20日閲覧。 
  18. ^ “野々村前県議:書類送検 起訴求める「厳重処分」意見付き”. 毎日新聞. (2015年1月19日). http://mainichi.jp/select/news/20150120k0000m040097000c.html 2015年1月20日閲覧。 
  19. ^ “〝号泣〟野々村元県議を在宅起訴”. 産経新聞. (2015年8月18日). http://www.sankei.com/west/news/150818/wst1508180068-n1.html 2015年9月30日閲覧。 
  20. ^ “野々村元県議に懲役3年執行猶予4年の判決 政活費詐取”. 朝日新聞. (2016年7月6日). http://www.asahi.com/articles/ASJ6Y65WQJ6YPIHB023.html 2016年9月18日閲覧。 
  21. ^ ドラマ「ドクターX」で「その一心…だぁぁぁぁ~」と号泣議員の号泣会見を再現 - ライブドアニュース
  22. ^ アニメ『銀魂』で野々村元県議の号泣会見パロディ 『niconico』には当然のようにMAD動画が……ガジェット通信(2015年4月13日付)
  23. ^ 【号泣会見】野々村竜太郎議員が完全にネタにされていることが判明! YouTubeやニコニコ動画でおもちゃにされてるぞ | ロケットニュース24
  24. ^ 『ネット流行語大賞2014』発表! 金賞は「STAP細胞はありまぁす」銀賞には「この日本ンフンフンッハアアアアアアアアアアァン! ……ウッ……ガエダイ!」 | ガジェット通信
  25. ^ a b c 兵庫県議24人 政活費計492万円の不適切支出神戸新聞NEXT

外部リンク