メインメニューを開く

株式会社兵庫銀行(ひょうごぎんこう)は、かつて兵庫県神戸市に存在した第二地方銀行である。通称は相互銀行・普通銀行時代を通して兵銀(ひょうぎん)。経営破綻するまでは、現在の東京証券取引所に上場していた。1995年に経営破綻、その受け皿銀行となった株式会社みどり銀行についてもここで記す。統一金融機関コード0561だった。

兵庫銀行の本店は神戸市中央区三宮町1丁目1にあったが、阪神・淡路大震災で建物が倒壊したため、跡地には三宮セントラルビルが建てられ、同年設立された受け皿銀行みどり銀行の本店は神戸市中央区生田町1丁目4番3号に置かれた。なお、現在はともども、整理回収機構を通じて売却されている。

目次

沿革編集

兵庫銀行編集

  • 1912年10月、三木市にて設立された三木市の三木勧業株式合資会社を前身とする。その後、三木無尽株式会社に改組された同社は、姫路市の山陽金融無尽株式会社と合併し、山陽無尽会社が誕生、当時全国無尽会社中第4位の規模だった。
  • 1944年6月20日、おりしも日中戦争以降の経済統制下、無尽会社の合同が求められ、兵庫県下の3社(東亜・神戸大同・山陽の3無尽株式会社)が統合(新設合併)、兵庫無尽株式会社が創設される。
    • 当時、全国無尽会社総数は63社で、兵庫無尽会社は全国無尽会社中第3位の規模。また、1949年9月、神戸市に七福相互無尽株式会社が設立(後の、株式会社七福相互銀行→株式会社阪神相互銀行→株式会社阪神銀行)されるまで、県下唯一の無尽会社であった。
  • 1951年10月、兵庫無尽は株式会社兵庫相互銀行に商号変更。
  • 1971年10月、かねてから関係が深かった高松相互銀行を吸収合併。
  • 1989年2月、普通銀行に転換し株式会社兵庫銀行に商号変更。
  • 1995年8月、銀行として戦後初めて経営破綻。
  • 1996年3月29日、解散。
  • 2001年6月8日、清算終了。

みどり銀行編集

  • 1995年10月27日、神戸財界等の出資により、株式会社みどり銀行設立(資本金709億5,560万円)。
  • 1995年10月31日、株式会社みどり銀行に銀行業免許が交付された。
  • 1996年1月29日、みどり銀行が、兵庫銀行の営業を譲り受けて営業開始。第二地方銀行協会の会員資格にある「会員から営業を譲り受ける目的で新たに免許を受けた銀行」の第一号となった。
  • 1999年4月1日、みどり銀行は阪神銀行に吸収合併されて「みなと銀行」が誕生した。

バブル期に業績拡大編集

  • 1970年に山本義政の後任として兵銀の社長に就任した長谷川寛雄は積極的な拡大路線をとった。翌年の1971年には高松市の高松相互銀行を合併し、香川県徳島県にも店舗網を広げることとなった。その後、長谷川が会長となって実権を握りつつ、1981年元日銀考査局長を社長に迎え、1982年には元国税庁次長と社長を交替した。
  • こうした中央とのパイプ作りも奏功し、80年代に入って兵銀の預金量と貸出量は増大し始めた。1987年には預金量が1年に1兆円も増大し、1985年の資産1.8兆円、資本金110億円が、ピークの1990年3月にはそれぞれ4.4兆円の2.4倍、640億円の5.8倍へと急膨張、当時第二地方銀行最大手となった。そして、1989年2月に宿願の普通銀行への転換を果たし、バブル景気もあって株価は5倍に高騰した。1991年に初の海外拠点・香港駐在員事務所を開設した。
  • しかし、内情を見てみれば1985年度から1994年度までの兵銀の主要業種別の貸出件数の推移を見ると、製造では4000件弱が2000件強へと半減、卸小売飲食でも9000件強からほぼ半減した。バブル期の貸出増加分はバブル崩壊によってほぼ不良債権になった点を考えると、兵庫銀行が製造業や卸小売飲食といった地域の主要産業を放置して、不動産や株式投資に注力していたことがわかる。

戦後初の銀行破綻編集

  • 1990年1月に始まる東証株価下落により、バブル景気が崩壊へと向かった。1992年6月には関連ノンバンクの経営悪化が表面化し、長谷川は会長を引責辞任した。兵銀の預金は最盛期の1991年3月につけた3.7兆円から、1992年3月には3.2兆円、1993年3月には2.4兆円と3/4にまで減少。株価も1/3に急落した。経営危機が公然化し資金不足は深刻化する事態となり、総資産の17%近くを日銀融資に保障されたコール市場から調達、さらには高金利の譲渡性預金をかき集め何とか資金の目途を付けていたものの、もはや完全な死に体だった。
  • 1993年6月、第二地方銀行への天下りとしては異例とも言える大物、元大蔵省銀行局長の吉田正輝(奇しくも、銀行局長時代に同じく乱脈経営で破綻した平和相互銀行の処理を担当した)が社長に就任し、兵銀の経営再建と救済措置に乗り出す。処理策をめぐって兵庫県・神戸市等の地元自治体および財界との調整が進めたものの、1995年1月に阪神淡路大震災が発生し、兵銀は三宮の本店が倒壊するなど店舗網等が打撃を受けた。さらに、東京協和信用組合コスモ信用組合住宅金融専門会社の経営危機と、破綻処理に伴う公的資金問題が表面化した。金融不安を払拭するため、1995年8月30日、兵庫銀行の破綻処理と新銀行への継承が発表された(ちなみに同じ日には木津信用組合も経営破綻している)。

“みどり”から“みなと”へ編集

  • 1996年1月29日、みどり銀行(1995年10月27日設立)が、兵庫銀行の営業を譲り受け、発足した。回収不能とされた債権8100億円に対しては、まず預金保険機構が1000万円以下の預金へ4730億円つまりペイオフコストの金銭贈与(適用第一号)、自己資本を取り崩して1745億円、営業権(今後10年間の営業利益見込み)を1800億円設定し、これに対して地元企業と関連金融機関が709億円出資し、日銀が劣後ローンを1100億円支援することで捻出された。
  • しかし旧兵銀の不良債権を引き継いだのと、営業利益が見込み以下の結果、償却不足となり、1998年、みどり銀行の経営危機が表面化した。結局、同年5月にみどり銀行を破綻させ、1999年4月1日に同じ第二地銀であったさくら銀行系の阪神銀行が救済合併した。大阪府内の一部を除く兵庫県外の店舗は合併直前の同年1月までにすべて閉鎖している。
  • 一連の破綻処理で、投入された公的資金は約1.5兆円であった。つまり、兵銀破綻時の公表不良資産1.5兆円はほぼ全額が回収不能だったことになる。また、帝国データバンクが後に行った、破綻銀行関連の企業倒産では、兵庫銀行関連は446件と調査時点でダントツで、破綻から6年が経過した2001年にも5件あり、その影響の大きさを物語っている。
  • これを教訓に、後の金融機関の破綻処理では不良債権を整理回収機構に切り離して適資産のみを受け皿金融機関が受け継ぐように制度が整備された。

関連していた上場会社編集

両社とも、大阪証券取引所(現・東京証券取引所)に上場していた。

備考編集

  • 神戸市バスの車内、壁に取り付けられた降車ボタンの下にある注意書きと山陽電気鉄道の駅名看板と停車駅案内看板のスポンサーは、現在みなと銀行であるが、これは、兵庫相互銀行→兵庫銀行→みどり銀行と変遷したものである。
  • 高松市磨屋町の中央通り沿いに、高松支店の入居していた建物が2004年まで残っていた(現在は取り壊され、跡地にファミリーマートが建っている)。一時期日興コーディアル証券(現:SMBC日興証券)高松支店がビル建替えのため同所を仮店舗として使用していた。
  • 兵庫銀行・みどり銀行時代まで名古屋市中村区にあった名古屋支店は、売却後に「みどり名古屋ビル」から「名駅前みどりビル」へ名前が変更され、テナントビルとして現存している。
  • 豊岡支店は廃止後、姫路中央支店に業務が移管されたが、みなと銀行になり、北兵庫信用組合を吸収合併した際に再度店舗を出店している。旧・豊岡支店所在地には但馬銀行豊岡東支店が出店している。
  • 今治支店跡地は愛媛新聞社今治支社、松山支店跡地はローソンになっている。
  • 兵庫県内には有力な地方銀行が存在せず、第一地方銀行は但馬銀行(本店豊岡市)があるのみで、あまり強力とはいえない。播州地区においては、銀行よりも信用金庫が発展してきた。また、兵庫県・神戸市ともども指定金融機関は、神戸銀行の流れを汲む三井住友銀行が現在も担っている。更に同行が厳しい状況に置かれている事から、他府県の地方銀行の進出が盛んになっている。
  • インヴァスト証券は、元は兵庫銀行(現・みなと銀行)系の証券会社が源流で、丸起証券→こうべ証券(後、KOBE証券)と社名を変更。その後再度社名を変更し現在の社名になっている。
  • 通帳の日付印字には邦銀では珍しい西暦を使用していた。通帳印字書式は旧住友銀行のものと共通であった。これらはみどり銀行にもそのまま引き継がれたが、みなと銀行になった際に、兵庫銀行ならびにみどり銀行の通帳を強制切替する対応にて初日からシステム統合がなされている。
  • クレジットカードに関しては、関連会社「兵庫カード」を設立してVISAジャパン協会に加盟し、比較的早い時期からVISAカードを発行していた。

外部リンク編集