メインメニューを開く

兵曹(ピョンジョ)は、朝鮮において、高麗末から李氏朝鮮にかけて置かれた行政機関。軍事を管掌していた。正二品衙門。1392年太祖元年)に光化門の南に設置され、1894年高宗31年)の甲午改革で軍務衙門に改称された。

兵曹
各種表記
ハングル 병조    
漢字 兵曹    
発音 ピョンジョ   
日本語読み: へいそう
テンプレートを表示

概要編集

兵曹は軍事権を握っていたので、騎省、西銓と呼ばれ、官吏の別称は、夏官であった。1389年恭譲王元年)、李成桂派によって六曹の機構が作られたのがその始まりだが、李朝初期は兵籍を管理する業務を担っていた。1405年太宗5年)、六曹の機能を強化するため、兵曹にはそれまで承枢府が担っていた軍事権が移行され、国家の軍事機関となったが、1510年中宗5年)備辺司の設置によって、軍事権を弱体化させられた。

職掌は、武選、軍務、儀衛、郵駅、兵甲、器仗などであった。武選は吏曹の叙任なしで武官を任免することができた。

構成編集

官位 官職 定数 備考
正二品 判書 1人
従二品 参判 1人
正三品堂上 参議 1人
正三品堂上 参知 1人
正五品 正郎 3人
正六品 佐郎 3人
  • 録事1人、書吏100人、書写1人、庫直7人、大庁直2人、文書直6人、皮帒直4人、房直9人、茶母7人、使令10人、軍士2人

外部リンク編集