メインメニューを開く

兵粮奉行(ひょうろうぶぎょう)または小荷駄奉行(こにだぶぎょう)は、日本戦国時代において行軍・戦闘中の兵糧輸送小荷駄)を担当する奉行のこと。戦争時においてのみ置かれ、平時に置かれる事はなかった。小荷駄を前進させることを目的としたため、小荷駄押(こにだおし)などとも呼ばれた。

戦時には基本的に個々の兵士が兵糧を携帯するのが慣わしであったが、実際には大量の兵糧携帯が行軍の邪魔になることから数日分の持参が限界であり、それ以上の期間にわたる戦闘の際には兵粮奉行が小荷駄隊を率いて領内から兵糧を輸送を行う事になっていた。また、必要に応じて大豆などの買い付けなどの兵糧確保を行うのも重要な仕事であった。これらは本来御蔵奉行などの役目であったが、臨機応変に対応するために兵糧を扱う実務者がこれを行うようになったものである。

優れた馬などは最前線にて用いられたために、小荷駄隊は足軽及び農村から徴発された人夫陣夫)が駄馬荷車に兵糧などを載せて引率するという機動性・戦闘力いずれも劣る部隊であり、なおかつ軍の後方に位置しながらも敵軍に襲われる可能性が高い部隊であった。長距離の遠征になればなるほど、小荷駄隊の重要性が増加する一方、その襲撃を受ける可能性とその損失による軍隊への打撃は大きくなった。そのため、戦国大名家の職制では、武者奉行と同格の戦闘経験が豊富な熟練の老臣が任じられるケースが多く、直接戦闘に参加して武功を上げるよりも輸送する小荷駄を敵軍から防衛する事が求められた。

少なくとも安土時代の織田信長が設置した14ある奉行(臨時職)の中には小荷駄奉行は見られないが(薪奉行や軍奉行は見られる。後述書 p.13)、桃山時代の豊臣秀吉が設置した14ある奉行職には、小荷駄奉行が見られる(後述書 pp13 - 14)。ただし、「兵粮奉行」と「小荷駄奉行」は区別されており、この時期では同一視されてはいない(川口謙二 池田孝 池田正弘 『東京美術選書33 江戸時代奉行職事典』 東京美術 1983年 p.14)。備考として、時代は下って、近代期の秩父事件の困民党は一揆側でありながら近代的軍制・部隊編成を行ったが、やはり「兵粮方」と「小荷駄方」は区別しており、同一視はしていない(ツルシカズヒコ 『秩父事件再発見 民主主義の源流を歩く』 新日本出版社 2018年 p.51)。

関連項目編集