メインメニューを開く

具島 兼三郎(ぐしま かねさぶろう、1905年11月5日 - 2004年11月12日)は日本の国際政治学者。特にファシズム論やアジア問題についての研究がある。

福岡生まれで1928年九州帝国大学法文学部を卒業後、1935年に『ファシズム論』を唯物論全書の一冊として共著で刊行した。

その後、南満州鉄道に入り、調査部で各種調査に従事。独ソ戦序盤、ナチスドイツが圧倒する戦局の中、石油供給量の緻密な分析を通して、ドイツ不利の予測を立てた。そこでの研究内容は軍部に批判的とされ、満鉄調査部事件で逮捕された。

戦後は九州大学教授や長崎大学学長、長崎総合科学大学長崎平和文化研究所所長などを歴任した。

主な著書編集

  • 『ファシズム論』
  • 『ファシズム』(岩波新書
  • 『中日戦争と国際情勢』
  • 『現代の国際政治』