典涓司(チョニョンサ)は、李氏朝鮮において宮中の清掃を管掌した官衙。従四品衙門。

典涓司
各種表記
ハングル 전연사
漢字 典涓司
発音 チョニョンサ
日本語読み: てんけんし
テンプレートを表示

1394年太祖3年)、景徳宮、景福宮昌徳宮に提挙司という官衙を設けて、清掃などの業務を行ったのが始まりであるが、その後1466年世祖12年)の官制改正時にそれらの官衙がまとめられて典涓司が成立した。だが続大典では繕工監に統合された。

構成編集

官位 官職 定数 備考
正二品 提調 2人 繕工監提調が兼任
従四品 提検 5人 提検、別坐、別提は全員で5人
正・従五品 別坐 5人 提検、別坐、別提は全員で5人
正・従六品 別提 5人 提検、別坐、別提は全員で5人
従七品 直長 2人
従八品 奉事 2人
従九品 参奉 6人

外部リンク編集