メインメニューを開く

典礼聖歌(てんれいせいか)』とは、日本国カトリック教会の諸典礼で標準的に使用される聖歌集。昭和40年代にミサの使用言語がラテン語から日本語に変えられた当時、使徒書朗読後に歌われた昇階唱に代わる答唱詩編として公開された。現在ではミサ曲、教会の祈り(新しい聖務日課)、季節の讃歌、一般讃歌、アレルヤ唱、(四旬節)詠唱も収録され、日本語ミサ聖祭の全てをフォローするものになっている。

そのほとんどを高田三郎が作曲。典礼用詩編書からとられた詩編の数節に、リフレインを交えて歌う独自の形式のため、カトリック=グレゴリアンをイメージすると全く困惑することになる。ラテン語歌詞はすべて排除されているが、聖金曜日の典礼用に一部ギリシャ語を含む聖歌がある。

これ以前には各司教区ごとに発行されていたグレゴリオ聖歌集を統合する目的で刊行された『公教典礼聖歌集』、そしてその簡略版である『公教聖歌集』(のちに『カトリック聖歌集』と改称)が広く用いられていたが、昭和40年代までになされたミサの国語化に伴い、当時、使徒書朗読後に歌われた昇階唱に代わる答唱詩編の整備が急務とされた。

典礼改革により、昇階唱が詩編の1節のみだったのに対し、答唱詩編では複数節にまたがって歌われるようになった。

『答唱詩編集』は分冊で発刊されたが、最終的には『典礼聖歌』として一冊の本になった。

書籍情報編集

一般用『典礼聖歌』の書籍情報は以下の通り。