源兼俊母

兼俊の母から転送)

源兼俊母(みなもと の かねとし の はは、生没年不詳)は、平安時代後期の歌人筑前高階成順の娘。母は伊勢大輔。姉妹に康資王母筑前乳母らがいた。宇多源氏源経宗の室となり、和琴の名手源兼俊を産んだ。彼女自身も『後拾遺和歌集』に2首入集する歌人だった。

参考文献編集