メインメニューを開く

兼岡 一郎(かねおか いちろう、1942年5月8日[1] - )は、日本地球科学者。専門は同位体地球化学理学博士

兼岡 一郎
生誕 (1942-05-08) 1942年5月8日(77歳)
千葉県
居住 日本の旗 日本
研究分野 同位体地球化学
研究機関 東京大学地震研究所
出身校 東京大学
プロジェクト:人物伝

目次

経歴編集

業績編集

  • 1978年、田中館賞(地球電磁気・地球惑星圏学会)受賞。
  • 1992年、三宅賞(地球化学研究協会)受賞。
  • 2003年、日本地球化学会賞(日本地球化学会)受賞。
  • 2015年、日本地球惑星科学連合のフェローとなる。アルゴンを用いた地球年代学、及び希ガスを用いたマントルの物質的構造の理解への顕著な貢献が顕彰されたもの。

著書編集

  • 兼岡一郎・井田喜明編『火山とマグマ』東京大学出版会、1997年。ISBN 4-13-060716-2
  • 兼岡一郎『年代測定概論』東京大学出版会、1998年。ISBN 4-13-060722-7

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.402

関連項目編集

外部リンク編集