メインメニューを開く

兼崎 地橙孫(かねざき ぢとうそん、1890年(明治23年)3月27日 - 1957年(昭和32年)9月3日)は、山口県出身の日本俳人書家弁護士。本名は理蔵。

経歴編集

1890年(明治23年)に山口県山口市に生まれる。豊浦中学校(現在の山口県立豊浦高等学校)時代に俳句を始め、河東碧梧桐が撰者をしていた新聞『日本』へ投句。私立興風中学(現在の山口県立小野田高等学校)に転校し卒業、このころ遊行中の碧梧桐本人と出会い傾倒する。第五高等学校 (旧制)(現在の熊本大学)へ進学するころには荻原井泉水の『層雲』に投句を始め、若き新傾向俳人として注目される。碧梧桐が1915年(大正4年)に『海紅』を創刊すると海紅にも投句を始める。このころから層雲の句友、種田山頭火がたびたび地橙孫の元を訪れるようになり、山頭火の放浪や生活の面倒などを生涯に渡り手助けすることとなる。第五高等学校卒業後は京都帝国大学法科(現在の京都大学法学部)に進学、卒業後は弁護士となった。しばらくして下関市に住み、弁護士業の傍ら創作活動を開始、文芸誌『海峡』、随筆集『觸目皆花』を相次いで刊行、黒田忠次郎が立ち上げた『生活派』の同人にもなる。しかし下関空襲により被災、徳山市(現在の周南市)に疎開する。戦後は定形俳句に戻るも病に倒れ、自身の句集『通草』を発表、句誌『清明』を創刊するも、わずか2号で廃刊。1957年(昭和32年)、67歳で没。書家としても名高く、中村不折直伝の六朝体の書による山頭火の句碑を始め、山口県内に数多く残している。

句集・著作編集

  • 『触目皆花』(人生創造社・1930年)
  • 『通草・第一句集』(1947年)
  • 『通草・第二句集』(1948年)
  • 『地橙孫句抄』(地橙孫句抄刊行会・1958年)※没後刊行
  • 『清明の道・我等の俳句研究』(地橙孫著作刊行会・1975年)※没後刊行

参考文献編集

  • 村山古郷/著『明治大正俳句史話』(1982年・角川書店)
  • 村山古郷/著『昭和俳壇史』(1985・角川書店)
  • 大田里灯/著『清明といのちと・句界鬼人地橙孫と南国城』(1982年・赤間関書房)
  • 地橙孫著作刊行会/編『花芙蓉〜地橙孫百句抄〜』(2008年・地橙孫著作刊行会)

関連項目編集

外部リンク編集