メインメニューを開く

兼松 房治郎(かねまつ ふさじろう、弘化2年5月21日1845年6月25日) - 大正2年(1913年2月6日)は、江戸時代末期(幕末)から大正初期にかけての大坂出身の日本の実業家。兼松商店(現・兼松株式会社の前身)創業者。日豪貿易のパイオニアといわれる。雅号は百松翁。通称「兼松濠洲」。

人物編集

 
日濠館(現、海岸ビルヂング
 
神戸大学兼松記念館

弘化2年(1845年)、大坂江之子島で父・廣間彌兵衛、母・八重のもとに生まれる。父が行方不明となり、12歳で母親を扶養するため伏見西浜の醤油、味噌などを商う「葭屋」に丁稚奉公するが翌年、大坂の縁戚で新天満町丹波屋延蔵方に住まうも続かず、しばらくして京都に赴き、東洞院万壽寺の鮒屋庄兵衛の乾物問屋に住み込みとなった。ここの主人の残酷な虐待に耐え忍んだ。

1858年、14歳の時、乾物屋を辞め、同じ京の蝋燭店へ奉公するが見込みなく約一年にして、また同家を辞し、再び、大阪の丹波屋の周旋で、江戸堀五丁目の米屋孫太郎方に奉公した。1859年、15歳にして母と死別。

文久2年(1862年)から慶応元年(1865年)江戸で岡部長常に小姓として仕え、天狗党の乱に小隊長として従軍する。

その後、尾張に帰郷していたが、19歳の時、要請により親戚の兼松家に養子入りし身を寄せるも、武士を諦め商業で身を立てると志し、再び大阪に戻る。

明治維新前後は大阪、横浜などで綿糸・雑貨の商業に従事し、明治6年(1873年)から明治14年(1881年)まで三井組銀行部大阪支店に勤務、取締役兼堂島米商会所重役となる。

明治15年(1882年大阪商船創設に参加、取締役となるが、明治19年(1886年)辞任。

明治20年(1887年)「大阪日報」を買収し、翌年「大阪毎日新聞」と改称。今日の「毎日新聞」の基礎を作る。

明治22年(1889年)同新聞を本山彦一に譲り、神戸に「豪州貿易兼松房治郎商店」(のちの兼松江商、現「兼松株式会社」)を創設、日豪貿易に従事、明治33年(1900年)中国貿易にも進出した。

大正2年(1913年2月6日没、戒名は鉄心院堅翁宗固居士。

「日豪貿易のパイオニア」、「義勇の紳商」[1] と称された。

房治郎に関連する「日濠館(現・海岸ビルヂング)」、「一橋大学兼松講堂」、「神戸大学経済経営研究所」が国登録有形文化財となっている。

脚注編集

  1. ^ 『名士奇聞録』、278頁。

関連項目編集

外部リンク編集