メインメニューを開く

内史 騰[1](ないし とう、生没年不詳)は、中国戦国時代の将軍で後にに降った。内史は官名であるが、姓氏は不明であり、内史騰とのみ呼ばれる。

目次

経歴編集

紀元前231年、秦が韓より南陽の地を譲られると、南陽郡が置かれ韓の降将騰は仮の郡守となる。

紀元前230年、騰率いる秦軍10万が韓に攻め込み、韓王安は捕虜とされた。これにより韓は滅亡し、潁川郡として秦の統治下に置かれた。

紀元前229年楚国を攻略する準備のため南郡の郡守に、任命され駐留する。

紀元前227年4月、騰は法を厳格に執行するため、郡に文書を発布し人々に法を行き渡らせた[2]

紀元前221年、秦が六国を統一し、騰は内史に任命された。騰は恐らくこの年の内に亡くなった。

脚注編集

  1. ^ 資治通鑑には内史 勝とも
  2. ^ 雲夢睡虎地秦簡 『語書』

史料編集

登場作品編集