メインメニューを開く

内山 敬二郎(うちやま けいじろう、1893年5月19日 - 1977年12月24日)は、元旧制高等学校教授、元信州大学、元文教大学教授、西洋古典文学(ギリシア悲劇)研究家、西洋古典学会会員。

目次

略歴編集

新潟県生まれ。1917年東京帝国大学文科大学英文科卒業。1922年旧制松江高等学校に英語の教授として奉職、1941年まで務める。1941年旧制松本高等学校に英語の教授として奉職、1949年5月に信州大学に包括されると、文理学部の英語の教授となり、1959年まで務める。その後、文教大学教授を1977年3月まで務めた。

人物編集

上述の通り、西洋古典学の専門教育を受けた訳ではなく、在学中に田中秀央から西洋古典学を学んだ程度である。本人も「ギリシア語の知識は甚だ貧弱」と認めてはいるが、その間に現存しているギリシア悲劇全33篇を直接原典によって研究したいという思いを持つようになる。そして、盧溝橋事件直後の1937年7月からギリシア悲劇の翻訳に着手している。当初は10年計画で訳業を終える算段だったが、終戦前後には全て訳し終えていた。

元よりギリシア語が甚だ心許ないため、翻訳が完成するたびに田中秀央に見せ、彼の手直しを受けていた。また、元々出版する宛は無かったのだが、田中の尽力により、田中との共訳と言う形で、1941年に理想社から「希臘悲壯劇 ソポクレース」として刊行される。1943年には生活社の“ギリシアラテン叢書”の一書として「アイスキュロス 悲壯劇」を刊行。残るエウリーピデース篇は、当初は生活社から刊行される予定だった[1]が果たせず、1949年になって「希臘悲壯劇 エウリーピデース 上」として世界文学社より刊行された。だが、中巻印刷中に同社が倒産しただけでなく、その後の混乱から原稿が行方知れずとなるトラブルに見舞われる。

しかし、それに気落ちせず、その後もギリシア悲劇の研究と翻訳に取り組み、1977年初めての個人訳全集としての一書である「ギリシャ悲劇全集 Ⅲ エウリーピデース編(Ⅰ)」を鼎出版会より上梓。翌、1978年には「ギリシャ悲劇全集 Ⅳ エウリーピデース編(Ⅱ)」「ギリシャ悲劇全集 Ⅱ ソポクレース編」を。1979年には「ギリシャ悲劇全集 Ⅰ アイスキュロス編」を上梓し、その偉業は完結をすることとなった。が、本人は全集の完結を見ること無く亡くなっている。

全集Ⅰ~Ⅲ巻の帯には新関良三田中美知太郎の賛辞が刻まれている。 (略歴及び人物の項目は、下記翻訳書に掲載されていた訳者略歴や前書きなどを基に纏めた物です。)

著作文献編集

著作[2]編集

  • 『文学の本質:ギリシャ古典と現代』 鼎出版会、1980年

翻訳編集

  • 田中秀央との共訳
    • 『希臘悲壯劇 ソポクレース』 理想社、1941年
    • 『悲壯劇 アイスキュロス』 生活社、1943年
    • 『希臘悲壯劇 エウリーピデース 上』 世界文学社、1949年
  • 個人訳
    • 『ギリシャ悲劇全集 Ⅰ~Ⅳ』 鼎出版会、1977~9年

論文[3]編集

  • 『「アンティゴネー」の問題と文学の本質』 立正女子大学研究紀要(1)、1967年
  • 『ソークラテースに聞く』 立正女子大学研究紀要(2)、1968年
  • 『知と無知との間』 立正女子大学研究紀要(3)、1969年
  • 『ソポクレースの女達』 立正女子大学研究紀要(5)、1971年

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ [1] 研幾堂の日記 - 生活社のギリシャ・ラテン叢書 2015年7月14日 閲覧
  2. ^ [2] CiNii Books 著者 - 内山敬二郎 2015年7月14日 閲覧
  3. ^ [3] CiNii Articles 著者 - 内山敬二郎 2015年7月14日 閲覧

参考したサイト編集

  • 研幾堂の日記 - 生活社のギリシャ・ラテン叢書[4]
  • CiNii Articles 著者 - 内山敬二郎[5]
  • CiNii Books 著者 - 内山敬二郎[6]