メインメニューを開く

内村 剛介(うちむら ごうすけ、1920年3月18日 - 2009年1月30日)は、日本のロシア文学者評論家。文芸誌『同時代』同人。本名、内藤操。

目次

来歴・人物編集

栃木県生まれ。1934年、満州に渡る。1943年、ハルビン学院卒業。同年、関東軍に徴用される[1]

敗戦後とともにソ連に抑留され、以後、11年間をソ連内の監獄・ラーゲリで過ごした。1956年末、最後の帰還船で帰国。帰国後、商社に勤務する傍ら文筆活動を始め、『生き急ぐ』はロングセラーとなる。スターリニズムソ連の文学・思想を、抑留体験から解読・批判したほか、現代日本への批判も行なった。1973年、北海道大学教授。1978年から1990年まで上智大学教授。2009年、心不全のため88歳で死去。

著書編集

単著・対談集編集

編著編集

  • 『だれが商社を裁けるか』 高木書房 1979

共編編集

  • 『われらの内なる反国家』大沢正道共編 太平出版社 1970

監修編集

  • 『ラーゲリ(強制収容所)註解事典』恵雅堂出版 1996

翻訳編集

脚注編集

外部リンク編集