内浦港 (福井県)

内浦港(うちうらこう)は、福井県大飯郡高浜町に位置する地方港湾。主に木材輸入の基地として利用される。

目次

概要編集

三方を山に囲まれ波が穏やかな天然の良港である。主に関西地方の木材供給基地として利用されているが、近年の貨物量はおおむね横ばいで推移しており、その大多数が国際貿易によるものとなっている[1]

本来、隣接した重要港湾である舞鶴港と需要が競合するが、中国韓国ロシアなどのコンテナ貨物を多く扱う舞鶴港と、在来貨物(特に北洋木材)を多く扱う内浦港で使い分けが行われている。

沿革編集

  • 1969年(昭和44年) - 関税法での開港指定がなされる。同年8月、地方港湾に認可[2]

関係機関編集

主な利用企業編集

交通編集

脚注編集

  1. ^ 内浦港の貨物量の推移 - 福井県
  2. ^ 福井県史 年表(1966-70年) - 福井県文書館(福井県)
[ヘルプ]

外部リンク編集