内牧城(うちのまきじょう)は熊本県に存在した中世近世平城

logo
内牧城
熊本県
城郭構造 平城
築城主 阿蘇氏
築城年 不明(戦国時代
主な改修者 加藤氏
主な城主 阿蘇氏、加藤氏
廃城年 元和2年(1616年
指定文化財 未指定
位置 北緯32度58分33秒 東経131度2分21.5秒 / 北緯32.97583度 東経131.039306度 / 32.97583; 131.039306座標: 北緯32度58分33秒 東経131度2分21.5秒 / 北緯32.97583度 東経131.039306度 / 32.97583; 131.039306
地図
内牧城の位置(熊本県内)
内牧城
内牧城
テンプレートを表示

阿蘇市内牧の阿蘇火口原の北西端、阿蘇内牧温泉に位置する。一帯は黒川の自然堤防である微高地となっている。

歴史編集

築城年代は不明だが、天正年間には阿蘇氏の家臣・辺春盛道が在城した。加藤清正領となった後に黒川を南に改流させて南北のとするなど、増築・補強され、加藤可重正方の父子が城代を務めている。正方が八代城に移った後は慶長17年(1612年)に加藤正直岩尾城から入ったが、元和2年(1616年)の一国一城令で廃城となった。

江戸時代を通じて城跡は参勤交代時の宿駅とされ、明治時代には小学校20世紀後半には町のグラウンドとなった。また二の丸は江戸時代に手永会所となり、明治以降は内牧町役場があった。

参考文献編集

関連項目編集