メインメニューを開く

内田 栄一(うちだ えいいち、1901年明治34年)3月25日 - 1985年昭和60年)7月27日)は昭和期の歌手。

経歴編集

京都府出身。1925年大正14年)東京音楽学校卒業後、レーヴエに師事。昭和のはじめヴォーカルフォア合唱団を主宰、また近衛秀麿指揮の新交響楽団(後のNHK交響楽団)にソロで出演。 1935年(昭和10年)「トスカ」のアンジェロッティ以来、藤原歌劇団で活躍、1943年(昭和18年)「フィデリオ」では合唱指揮もおこなった。戦中は、1940年(昭和15年)11月ポリドールレコード発売の「月月火水木金金」が大ヒット。その後も、戦時歌謡を中心に吹き込む。

戦後は、「日本語の美しさを歌う独唱会」などの活動を行い、東邦音楽大学の教授も務める。1985年(昭和60年)7月27日急性骨髄性白血病肺炎を併発し死去。享年84。