内田雅之 (キックボクサー)

内田 雅之(うちだ まさゆき、1977年12月26日 - )は、日本のキックボクサー神奈川県出身。身長170cm、体重62kg。藤本ジム所属。新日本キックボクシング協会フェザー級王者。試合運びの上手さ、すべての技の高い技術、キック、パンチのバランスの良さ、気品溢れる[1]

内田 雅之
基本情報
本名 内田 雅之
階級 フェザー級
身長 170cm
体重 62kg
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1977-12-26) 1977年12月26日(46歳)
出身地 神奈川県
スタイル キックボクシング
テンプレートを表示

経歴

編集
  • 2004年10月24日、新日本キックボクシング協会にてプロデビュー
  • 2011年12月16日、新日本キックボクシング協会フェザー級王者
  • 2013年度 第46回内閣総理大臣杯日本プロスポーツ大賞 功労賞受賞

人物・エピソード

編集
  • 神奈川県厚木市に生まれ高校を卒業後、調理師免許を取得し割烹料理屋で3年間板前修行。その後マッサージ師に転職し1年間新橋でマッサージ修行し、パリに渡仏。
  • パリで、一緒にいた妻がカメラを奪おうとした外国人に襲われ「助けようとしたが、ただ見ているだけで何も出来なかった。悔しかった」。自分への不甲斐なさと、彼女を守りたいという気持ちが、格闘技の道へと駆り立てサバット(フレンチキックボクシング)を始める。パリ滞在は3年半、帰国が決まり日本でプロキックボクサーになるため目黒藤本ジムに入門(2004年)
  • 2011年12月16日、新日本キックボクシング協会フェザー級王座を獲得。

戦績

編集

獲得タイトル

編集
  • 新日本キックボクシング協会フェザー級王者
  • 2013年度 第46回内閣総理大臣杯日本プロスポーツ大賞 功労賞受賞

脚注

編集
  1. ^ 新日本キックボクシング協会王者紹介”. 新日本キックボクシング協会. 2014年4月19日閲覧。

関連項目

編集

外部リンク

編集