内藤いづみ(ないとう いずみ、1956年 - )は、日本の医師評論家山梨県六郷町(現・市川三郷町)出身。福島県立医科大学卒業。東京女子医科大学内科等に勤務。1986年から英国プリンス・オブ・ウェールズ・ホスピスで研修を受け、95年甲府にふじ内科クリニックを設立、院長。日本ホスピス・在宅ケア研究会理事。大正大学客員教授。

著書編集

  • 『あした野原に出てみよう 在宅ホスピス医のノートから』オフィス・エム 1997 みみずく叢書
  • 『あなたと話がしたくって 内藤いづみ対談集』オフィス・エム 2001
  • 『笑顔で「さよなら」を 在宅ホスピス医の日記から』ベストセラーズ 2002
  • 『あなたを家で看取りたい 安らかで幸せな死を迎えるために』ビジネス社 2003
  • 『最高に幸せな生き方死の迎え方』講談社 2003
  • 『あなたが、いてくれる。 在宅ホスピス医いのちのメッセージ』佼成出版社 2005
  • 『「いのち」の話がしたい 内藤いづみ対談集』佼成出版社 2007
  • 『最高に幸せな生き方と死の迎え方』オフィスエム 2009
  • 『しあわせの13粒』まつおかさわこ絵 ひと休み出版 2009
  • 『いのちの歳時記 在宅ホスピス医の宝石箱』美川瑛一写真 愛智出版 2012 

共編著編集

  • 『ホスピス最期の輝きのために Choice is yours』鎌田實高橋卓志共著 オフィス・エム 1997
  • 『往復書簡 いのちに寄りそって』米沢慧共著 オフィス・エム 1999
  • 『在宅ケアをしてくれるお医者さんがわかる本 全国版 在宅ケア医年鑑 1999年版』和田努梁勝則共著 同友館 1999
  • 『往復書簡 いのちのレッスン』米沢慧共著 雲母書房 2009
  • 『いい医者いい患者いい老後 「いのち」を見つめる二人旅』永六輔共著 佼成出版社 2010
  • 『最高の一日最良の最期 やっぱり病院!それとも在宅?』柏木哲夫共著 佼成出版社 2011

参考編集