内藤 信広(ないとう のぶひろ)は、江戸時代初期の旗本。一時は大名だった。越後国村上藩内藤家の分家初代。内藤信成の次男。

 
内藤信広
時代 江戸時代前期
生誕 文禄元年(1592年
死没 慶安2年3月15日1649年4月26日
別名 三弥
官位 主税助、従五位下、東市正、石見
幕府 江戸幕府 大坂定番1万5,000石→8,000石
氏族 内藤家 (信成系)
父母 父:内藤信成、母:粟生長勝の娘
兄弟 信正信広
正室:三宅康信の娘
信光松平乗真信雪(三男)、信直
信通(五男)、娘(駒井親昌室)
テンプレートを表示

生涯編集

慶長16年(1611年)6月、徳川秀忠に召抱えられて小姓となる。同19年(1614年)御徒頭となり、大坂冬の陣に供奉、元和元年(1615年上野国に采地1,000石を与えられる。同年5月7日、大坂夏の陣において戦功があり、のち小姓組組頭となる。

元和3年(1617年)1月14日、従五位下東市正に叙任、のち寛永3年(1626年)書院組頭となる。同9年(1632年)4月8日大番頭に進み、また石見守に改めた。

寛永10年(1633年)、安房国および上総国において加増4000石を受ける。慶安元年(1648年)6月26日には大坂定番となり、また加増されて都合1万5000石を領した。しかし家臣の一人がキリシタンとして処刑されると、その責を問われて罷免され、7000石を減封された。

慶安2年(1649年)3月15日、江戸において死去した。享年58。法名は浄閑。家督を長男の信光が継いだ。

葬地は神田無量院とされ、のちこの寺が駒込に移転したという(「寛政譜」新訂13巻206頁)。

参考文献編集

  • 『新訂寛政重修諸家譜』13巻 続群書類従完成会、1984年 同書205、206項
  • 浜垣容二 「キリシタンの配下に連座」、『大名廃絶読本』、読本シリーズ (新人物往来社)第3号216-217頁、1991年。