内藤 信旭(ないとう のぶあきら)は、江戸時代中期の大名越後国村上藩4代藩主。官位従五位下豊前守

 
内藤信旭
時代 江戸時代中期
生誕 延享元年(1744年
死没 宝暦12年6月17日1762年8月6日
別名 貞一郎、三左衛門
戒名 隆徳院英誉俊厳了義
墓所 新潟県村上市の光徳寺
官位 従五位下豊前守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治
越後村上藩
氏族 内藤家 (信成系)
父母 内藤信興奥平昌成
兄弟 信旭、カナ、貞、ヒデ、信凭頼尚、艶、剛松、トシ、マサ
毛利重就
信凭
テンプレートを表示

経歴編集

延享元年(1744年)3代藩主・内藤信興の長男として江戸にて誕生。宝暦8年(1758年)12月1日、15歳で徳川家重御目見し、12月18日に従五位下・豊前守となる。同11年(1761年)5月25日、父・信興の隠居によって家督を継ぎ、8月11日村上に入部する。

翌12年(1762年)6月17日、村上において卒去した。享年19。嗣子がなかったため、異母弟・信凭がその跡を継いだ。

葬地は新潟県村上市の光徳寺(以上「寛政重修諸家譜」新訂13巻202および203頁の記述に拠る)。現在の墓所も同じである。

系譜編集

特記事項編集

  • 忌日を6月17日とするのは「寛政譜」の他「藩翰譜続編」(『新編 藩翰譜』2巻129頁)および「越後村上 内藤家譜」である。『村上郷土史』は5月28日と記す(116および80頁系図)。
  • 同じく『村上市史 通史編2』は5月28日死亡説をとり、(1)参勤交代の途上に会津坂下宿で病死した (2)相続願の受理まで家臣が死を隠した (3)これを「たぐい稀なる知謀の侍也」と「諸人舌を巻いて咄し」と記す「坂下宿の記録」があった、としている(362から363頁)。
  • 『村上郷土史』は法名を「英誉俊厳了義」と記している(80頁)。

出典編集

先代:
7代:内藤信興
内藤家(信成系)歴代当主
8代
次代:
9代:内藤信凭