メインメニューを開く

内藤 元種(ないとう もとたね)は、戦国時代武将安芸国戦国大名毛利氏の家臣。父は内藤元康

 
内藤 元種
時代 戦国時代
生誕 享禄4年(1531年
死没 天文23年5月5日1554年6月4日
別名 通称:少輔九郎
戒名 及菴宗智
官位 伊勢
主君 毛利元就
氏族 藤姓内藤氏
父母 父:内藤元康、母:福原広俊の娘
元泰
テンプレートを表示

出自編集

安芸内藤氏は、建保4年(1216年)に厳島神社領であった安芸国高田郡長田郷地頭となって以来、その地を代々領した国人である。元種の祖父である内藤中務丞元泰(次郎太郎)の代までに毛利氏の麾下に入っている。

生涯編集

享禄4年(1531年)、内藤元康の子として生まれる。天文3年(1534年)に父が死去したことで幼少ながら家督を継ぎ、毛利元就に仕えた。

天文17年(1548年)の6月18日20日に行われた、山名理興の拠る神辺城(村尾城)への総攻撃(神辺合戦)における城の柵や塀越しの攻防で武功を挙げ、6月23日毛利隆元から感状を与えられた。この戦いで毛利元就・隆元父子は家臣に多くの感状を出しており、元種もその内の1人だった。

天文19年(1550年)の井上氏粛清の後に出された、毛利氏家臣238名による毛利氏への忠誠を誓う連署起請文の33番目に「内藤少輔九郎元種」と署名している。

天文23年(1554年)に元種は24歳で死去した。事情は不明であるが、元種死去の前年である天文22年(1553年)には既に子の元泰が家領を継いでいる。

娘がおり、毛利輝元の養女となった後に豊臣秀吉の養子羽柴秀勝と婚姻をしている[1]

脚注編集

  1. ^ 西尾和美、「豊臣政権と毛利輝元養女の婚姻」、川岡勉; 古賀信幸編 『西国の権力と戦乱』 清文堂出版、2010年。 

参考文献編集