内藤忠政 (鳥羽藩主)

内藤 忠政(ないとう ただまさ)は、志摩国鳥羽藩の第2代藩主。同名の祖父と区別するためか、史書により忠種と記されることもある。浅野長矩の外祖父にあたる。

 
内藤忠政
時代 江戸時代前期
生誕 元和元年(1615年
死没 寛文13年7月12日1673年8月23日
別名 忠種(別名)
墓所 三重県鳥羽市鳥羽の西念寺
官位 従五位下、飛騨
幕府 江戸幕府
志摩鳥羽藩
氏族 内藤氏
父母 父:内藤忠重、母:内藤正長の長女
正室:板倉重宗の娘
忠次忠勝忠知波知浅野長友正室)、
娘(安部信友正室)、娘(戸田氏西正室)、
娘(菅沼定賞正室)、娘(岩城秀隆継室)
テンプレートを表示

生涯編集

元和元年(1615年)、初代藩主内藤忠重の長男として生まれる。

承応2年(1653年)、父の死去により家督を継ぐ。父の時代の最悪な税制を改めるため、江戸屋作左衛門を登用して新田開発を行ない、さらに年貢も定免制度に改めるなどして財政再建を目指した。寛文9年(1669年)には領内に検地を実施して税制改革に成功を収めた。寛文13年(1673年)7月12日に死去した。享年59。跡を次男の忠勝が継いだ。