メインメニューを開く

内藤 政恒(ないとう まさつね)は、陸奥湯長谷藩の第11代藩主。

 
内藤政恒
時代 江戸時代
生誕 天保7年11月22日1836年12月29日
死没 安政6年10月23日1859年11月17日
墓所 神奈川県鎌倉市光明寺
官位 従五位下、播磨
幕府 江戸幕府
陸奥国湯長谷藩
氏族 戸田松平家内藤氏
父母 父:松平光庸、母:伊保子(久世広誉の娘)
養父:内藤政民
兄弟 小笠原長国松平光則政恒戸田光芬戸田光遠野々山義比松平康載
正室:内藤政民の娘
政養、養子:政敏
養女:内藤政民の娘(水野勝知正室)
テンプレートを表示

天保7年(1836年)、信濃松本藩主・松平光庸の三男として生まれる。安政2年(1855年)、第10代藩主の政民が死去したため、その婿養子として跡を継ぐ。

安政6年(1859年)に死去、享年24。跡を養子の政敏が継いだ。

脚注編集