メインメニューを開く

内藤 政成(ないとう まさしげ)は、三河挙母藩の第4代藩主。挙母藩内藤家8代。井伊直弼の実兄である。

 
内藤政成
時代 江戸時代後期
生誕 享和2年2月6日1802年3月9日
死没 万延元年3月30日1860年4月20日
改名 昌之進(幼名)、政成、晃堂(法号)
戒名 潤徳院殿香誉道鉄義山大居士
墓所 東京都港区高輪の光台院
官位 従五位下、兵部少輔、山城守、摂津
幕府 江戸幕府
三河国挙母藩
氏族 井伊氏内藤氏
父母 父:井伊直中、母:八千女(勅使河原氏)
養父:内藤政峻
兄弟 井伊直清穠姫井伊直亮井伊中顕中川久教
政成松平勝権政優井伊直弼政義
正室:内藤政峻の長女・甲子
側室:万、志津、久弥、初(宇野氏)、津麻(木村氏)
政正(長男)、政又、政和、政就(四男)、
政共(十二男)、娘(松平康圭正室)、
娘(中山信徴正室)、
養女:増子内藤政又の娘、内藤政文正室)、養子:政優
テンプレートを表示

生涯編集

享和2年(1802年)2月6日、近江彦根藩主・井伊直中の八男として生まれる。文化9年(1812年)11月22日、第3代藩主・内藤政峻養子となり、文化10年(1813年)2月27日の政峻の隠居により家督を継いだ。直後の5月には、藩財政再建を目指して5ヵ年の倹約令を出した。しかし文化12年(1815年)4月、倹約令を3ヵ年の緩める代わりに、家臣の家禄削減を行ない、さらに自らの藩庁を藩校に移すなどして経費節減に努めた。文政元年(1818年)にオランダ軍制を採用している。文政3年(1820年)1月15日には藩政改革派の竹村梅斎によって、専横の振る舞いがあった津村吉徳が暗殺されている。

文政4年(1821年)7月には諸費倹約の藩法である25条を制定し、文政5年(1822年)にはさらなる家禄削減を行なった。文政9年(1826年)には自らの衣食住の節減や生活費用の切り詰めを行なっている。しかし天候不順や矢作川の洪水などの天災が相次ぎ、改革に効果はほとんど得られず、失意に落ちた政成は文政13年(1830年)9月20日、実弟の政優を養子に迎え、家督を譲って隠居した。ただし実弟を養子に迎えた理由は、養子の際の持参金目的で、この持参金は挙母藩の借財整理に当てられている。

後に晃堂と号した。桜田門外の変で暗殺された弟・井伊直弼の後を追うように、万延元年(1860年)3月30日に死去した。享年59。

十二男の内藤政共廃藩置県後に養子として旧挙母藩主家を相続(挙母藩内藤家当主としては12代目)、後に子爵に叙せられた。

脚注編集