メインメニューを開く
内藤政樹像(延岡市教育委員会蔵)

内藤 政樹(ないとう まさき、1703年12月7日元禄16年10月29日[1]- 1766年10月27日明和3年9月24日[1])は、陸奥国磐城平藩の第6代藩主[1]日向国延岡藩の初代藩主[1]。延岡藩内藤家宗家6代。

磐城平藩世嗣だった内藤義英(露沾)の長男[1]。子に内藤政堯(長男、早世)、娘(三浦明次継室のち小出有相継室)らがいる。官位は従五位下、備後守。

生涯編集

父の義英は祖父の義概によって廃嫡され、政樹が生まれた当時は江戸で隠居生活をしていた。享保3年(1718年)に先代の藩主義稠が22歳で嗣子もなく早世したため、義英の子である政樹が跡を継いだ。しかし若年のため、しばらくは松尾芭蕉からも才能を認められるほどの優れた俳人でもあった義英が藩政を後見することとなった。

翌年正月、政樹の新藩主就任祝いとして、松賀族之助松賀孝興親子から饅頭が献上された。これを怪しんだ義英が饅頭を犬に食わせてみたところ、たちまち犬は死んでしまった。若年の藩主のもとで藩政を牛耳り、あわよくば藩主の座をも狙っていたものの、政樹の後見人としてかつての政敵であった義英がいる以上、それは不可能であると判断した松賀が、政樹の毒殺を謀ったものといわれる。

義英は松賀族之助・孝興親子とその一派を全て捕らえた。取り調べの結果、主犯は老齢の族之助自身ではなく、息子の孝興であると判明した。義英は孝興を投獄し(のち獄死)、族之助とその孫の松賀稠次に対し永蟄居を命じた上、松賀家を断絶処分とした。さらに、松賀親子の腹心島田理助をも処刑するなどの厳しい処断を下した。こうして、延宝8年(1680年)から始まった(実際の騒動の始まりはこの年以前からともいわれる)一連の政治的混乱(小姓騒動)は完全に沈静化した。

その後、義英は再び俳句に専念したため、政樹が藩主として親政を行なうようになる。ところが当時の磐城平藩では、小姓騒動などの混乱や松賀一派の悪政などによる重税で苦しめられた領民の不満、洪水や凶作などの天災と藩財政破綻などが相次いでいた。このため、元文3年(1738年)9月に元文百姓一揆と呼ばれる大規模な百姓一揆が発生する。この一揆では2万人もの群衆が城下に押し入って役宅や町役所を破壊したりしたが、政樹はこれを力によって弾圧し、百姓の要求を退け、指導者28人を捕らえてそのうち7人を鎌田河原で処刑した。しかし、この百姓一揆発生などの懲罰として延享4年(1747年)、日向延岡に転封された。なお、陸奥国磐城平から日向延岡への転封は、江戸時代を通じて最も長距離の大名の転封である。転封すると三福寺を藩主家の菩提寺とする。

宝暦6年(1756年)、養嗣子の政陽に家督を譲って隠居した。明和3年(1766年)、64歳で死去した[1]

関連作品編集

脚注編集