メインメニューを開く

内藤 政民(ないとう まさたみ)は、江戸時代後期の大名陸奥湯長谷藩の第10代藩主。

 
内藤政民
時代 江戸時代後期
生誕 文化3年8月10日1806年9月21日
死没 安政2年9月13日1855年10月23日
墓所 神奈川県鎌倉市光明寺
官位 従五位下、因幡
幕府 江戸幕府
陸奥国湯長谷藩
氏族 酒井氏内藤氏
父母 父:酒井忠徳、養父:内藤政環
兄弟 酒井忠器水野忠実黒田直侯市橋長富
政民小笠原長泰
正室:内藤政環の養女(水野忠光の娘)
娘(内藤政恒正室)、娘(水野勝知正室)
娘(朽木率綱正室)、養子:政恒

文化3年(1806年)、出羽庄内藩主・酒井忠徳の五男として生まれる。第9代藩主・内藤政環の養子となり、文政7年(1824年)8月23日に政環が隠居したため跡を継いだ。同時に叙任している。

湯長谷藩の歴代藩主の中では学問好きの藩主だったらしく、藩校致道館の創設に尽力し、自ら四書五経を講じて[1]、藩士子弟の教育に努めたといわれている。安政2年(1855年)9月13日に死去した。享年50。

脚注編集

  1. ^ あぶくま抄(3月27日)”. 福島民報 (2014年3月27日). 2014年6月23日閲覧。