メインメニューを開く

内藤 政韶(ないとう まさつぐ)は、日向延岡藩の第4代藩主。延岡藩内藤家宗家9代。

 
内藤政韶
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 安永5年2月3日1776年3月22日
死没 享和2年7月30日1802年8月27日
改名 五郎松・金一郎(幼名)、政韶
戒名 孝猷院気山居士
墓所 宮崎県延岡市三福寺
官位 従五位下、能登
幕府 江戸幕府
日向国延岡藩
氏族 内藤氏
父母 父:内藤政陽、母:岡部長著の娘
養父:内藤政脩
兄弟 政韶政峻、妹(内藤政脩正室)
政順、娘(牧野以成継室)、政恵(2男)、
娘(松平直寛継室)、娘(高秭正室)、
養子:政和

経歴編集

安永5年(1776年)2月3日、第2代藩主内藤政陽の長男として江戸麻布で生まれる。天明8年(1788年)に第3代藩主政脩養子となり、寛政2年(1790年)8月20日の政脩の隠居により家督を継いだ。

先代から続く藩財政難のため、寛政6年(1794年)から・櫨(ハゼノキ)などの植林を行なう植物方を設置するが、財政難は解消されずに逆にこの出費でさらに財政が悪化したため、政韶死後の文化3年(1806年)に廃止されている。そのほかにも水路開発、寛政9年(1797年)より3ヵ年に及ぶ家禄削減による倹約政策などを行なったが、あまり成果はなかった。

政韶は古墳発掘・調査などを自ら行なうことを趣味としており、著作に「集古採覧」がある。

享和2年(1802年)7月31日、延岡で死去した。享年27。跡を養子の政和が継いだ。墓所は延岡市三福寺