メインメニューを開く

内藤 文成(ないとう ふみしげ)は、三河挙母藩の第7代(最後)の藩主。挙母藩内藤家11代。

 
内藤文成
Naitō Humishige.jpg
時代 江戸時代後期(幕末) - 明治時代
生誕 安政2年12月20日1856年1月27日
死没 明治34年(1901年7月31日
改名 亀若(幼名)、文成、錦山(法号)
戒名 金光院殿進誉誠月錦山大居士
墓所 愛知県豊田市小坂町の洞泉寺
官位 従五位下、丹波守、従三位
幕府 江戸幕府
三河国挙母藩
氏族 内藤氏
父母 父:内藤政文、母:内藤政成の養女・増子
正室:なし、側室:鈴尾(新田氏)
娘(一柳直徳正室)
養子:政共
テンプレートを表示

生涯編集

安政2年(1855年)12月20日、第6代藩主・内藤政文の長男として生まれる。安政5年(1858年)に父が死去したため家督を継ぐが、4歳の幼少のために藩政は家老らによる合議制で行なわれた。

慶応4年(1868年)の戊辰戦争では、尾張藩を通じて新政府に恭順し、食糧や人足の調達に努めた。明治2年(1869年)6月22日に版籍奉還により、挙母藩知事に任じられる。直後の9月19日に百姓一揆が起こったが鎮圧し、藩政改革に着手している。12月13日、従五位下・丹波守に叙位・任官する。

しかし改革における家禄改革の不満から、明治3年(1870年)6月24日に石井騒動、明治4年(1871年)5月に正学党事件が起こるなどしている。7月14日の廃藩置県により、藩知事を免官された。明治7年(1874年)6月10日、家督を養子の政共に譲って隠居する。明治34年(1901年)7月30日に従三位に昇叙されるが、7月31日に挙母の別邸である存心堂で死去した。享年47。