内藤朝雄

内藤 朝雄(ないとう あさお、男性、1962年 - )は日本社会学者明治大学文学部准教授。専門は、社会学臨床社会学心理社会学いじめ問題ならびに管理教育問題に関する研究で知られる。

目次

来歴・人物編集

1962年、東京都生まれ。愛知県立東郷高等学校中退。同高校在籍時代は、愛知県各地で実施されていた苛烈な管理教育の洗礼を受ける。この体験は、後の内藤のスタンスへ大きな影響を与えることになった。

その後通信制高校を経て山形大学に進み、1986年に同大学人文学部文学科哲学専攻を卒業後。1994年東京大学文学部社会学専修課程卒業、1996年東京大学大学院総合文化研究科(相関社会科学専攻)修士課程修了。2001年同研究科国際社会科学専攻相関社会科学コース博士課程単位取得退学。

国立療養所千葉東病院(現国立病院機構千葉東病院)附属看護専門学校非常勤講師を経て、明治大学専任講師を経て2007年准教授に昇格。また、東京大学大学院教育学研究科京都大学大学院教育学研究科及び立教大学大阪大学非常勤講師を兼任。学術修士。

研究歴編集

本田由紀後藤和智との共著『「ニート」って言うな!』では「ニート」が大衆の憎悪の標的とされていることを挙げ、メディアによる憎悪のメカニズムの再生産の危険性について指摘した。

いじめ問題ならびに管理教育問題に関する研究も多く、2001年に著書『いじめの社会理論』を発表して以来、この分野の研究をライフワークとしている。2007年10月には、東郷高校における自伝的内容も網羅した、自身のいじめ理論入門書『〈いじめ学〉の時代』を上梓した。

いじめ学編集

内藤のいじめ研究の第一の特徴は、いじめという現象を心理-社会の接合面と捉えつつ、その発生から蔓延に至るメカニズムを精緻に分析したことにある。著書『いじめの社会理論』などで内藤が示したこの理論は、橋爪大三郎らから、「変容する学校共同体の病理をはじめて捉え」るとともに、「これまで指摘されることのなかった新しいいじめの特質、その祝祭性や集団力学の構造をあぶり出」したと評価する向きもある[1]

スクールカーストクラス序列とも)の研究者として知られる。

社会的発言編集

社会学者宮台真司との共著に見られるような「リベラル」な視座からの発言が多数なされている。思想的には「右でも左でもないリベラリスト」を自称しており、この勢力拡大が急務であると主張している。また、改憲論者であり、将来的には憲法9条を改正し、正式に軍隊を保有すべきだと考えている。ただし、「右派勢力が消滅した後で憲法9条を改正すべきだ。右派勢力が有力な政治勢力であるうちは9条改正は危険。東アジアが不安定になった場合、憲法9条改正のためにも右派勢力を有力政治勢力としては消滅させるべきだ」、と主張している[2]

主な発言編集

  • 昔からさまざまなニートが世に棲んでいた。金持ちの馬鹿息子とか、道楽者の父さんとか、いい年をしてぶらぶらしている「ろくでなし」は、悪口を言われながらも、世の風景にとけ込んでいた。(中略)考えてみれば仏陀イエスもニートのガキたれではなかったか。仏陀は労働を厭い乞食の生活を勧めていたし、イエスにいたっては神殿で露天商に暴力をふるって屋台を破壊する「キレやすい」ニートでなかったか[3]

著書編集

単著編集

  • 『いじめの社会理論―その生態学的秩序の生成と解体』柏書房2001年
  • 『いじめと現代社会―「暴力と憎悪」から「自由ときずな」へ』双風舎、2007年
  • 『〈いじめ学〉の時代』柏書房、2007年
  • 『いじめの構造―なぜ人が怪物になるのか』講談社現代新書、2009年 
  • 『いじめ加害者を厳罰にせよ』ベスト新書、2012 

共著編集

  • 宮台真司藤井誠二)『学校が自由になる日』雲母書房、2002年
  • (本田由紀・後藤和智)『「ニート」って言うな!』光文社新書、2006年

脚注編集

  1. ^ リテレール別冊(ことし読む本いち押しガイド2002)[2001.12.1]
  2. ^ https://twitter.com/naitoasao/status/257108918403219457
  3. ^ 「図書新聞』第2718号(2005年3月19日付)「お前もニートだ」

関連項目編集

外部リンク編集