内藤 義英(ないとう よしひで)は、江戸時代前期から中期にかけての俳人陸奥国磐城平藩世嗣。俳号は露沾。6代藩主(後に日向延岡藩初代藩主)内藤政樹の実父。

 
内藤義英
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 明暦元年5月1日1655年6月5日
死没 享保18年9月14日1733年10月21日
別名 露沾(俳号)
陸奥磐城平藩世嗣
氏族 内藤氏
父母 内藤義概松平忠国
兄弟 義邦義英義孝岡部長泰正室、
小出英安正室
政樹菊姫松平信岑継室
テンプレートを表示

生涯編集

明暦元年(1655年)、磐城平藩3代藩主・内藤義概の次男として誕生。母は松平忠国の娘。長兄・義邦が早世したため、本来なら世子に指名されるはずだった。しかし父の寵臣である松賀族之助木下重堅の孫)の讒言に加え、父・義概は50歳近くになって生まれた弟・義孝を溺愛していたことにより、病弱を口実として父に廃嫡され、一時幽閉された。このため、貞享2年(1685年)に義概が死去すると、義孝が家督を継ぐこととなった。

義英は藩政には口出しせず、江戸麻布の屋敷で隠居生活を送った。元々父の義概も風虎という俳号を持つ俳諧大名であり、義英もその影響を受けたものと思われるが、義英は露沾(ろせん)という俳号を名乗って松尾芭蕉宝井其角らと交遊し、元禄4年(1691年)に刊行された芭蕉七部集の一つである「猿蓑」の春の巻の冒頭では、義英の句が採用されている。

享保3年(1718年)、5代藩主・内藤義稠が死去すると、6代藩主の座を義英の長男の豊松(政樹)が継ぐこととなり、義英は幼少の政樹の後見人として藩政を代行した。そして父の代から藩で続いていた政治的混乱(小姓騒動)の鎮静化に努め、政樹が成長すると実権を譲って藩政から引退し、再び俳句活動に専念する。また、義英の影響で家中より福田露言水間沾徳など俳人としても知られる家臣を輩出した。

著作として、露沾公句集という句集がある。享保18年(1733年)に死去した。享年79。

系譜編集