メインメニューを開く

内藤 長好(ないとう ながよし)は、江戸時代中期の大名信濃高遠藩の第5代藩主。高遠藩内藤家10代。

 
内藤長好
時代 江戸時代中期
生誕 明和6年(1769年
明和8年3月21日1771年5月5日)とも
死没 寛政3年11月5日1791年11月30日
改名 銕之進(幼名)、長好
戒名 本隆院殿寛誉直心道証大居士
墓所 東京都新宿区新宿の太宗寺
官位 従五位下、大和
幕府 江戸幕府
信濃国高遠藩
氏族 内藤氏
父母 父:内藤頼多、養父:内藤頼尚
正室:朽木玄綱の娘
養子:頼以

目次

生涯編集

明和6年(1769年)、高遠藩嫡子の内藤頼多の長男として江戸四谷下屋敷[1]で生まれる。父の死後、内藤頼尚が嫡子となったため、その養子となって安永5年(1776年)に家督を相続する。だが藩政では自ら城を抜け出して川干しを見たり[1]、登山をしたり花火見物、遠乗りや猪狩りなどをして[2]藩政を省みず、かえって領民にその際の負担を負わせて諸費用がかかったという[3]

しかし、寛政3年(1791年)に嫡子をもうけぬまま死去した。享年23。陸奥国福島藩板倉家から頼以を養子に迎え、跡を継がせた。

脚注編集

注釈編集

引用元編集

  1. ^ a b 『シリーズ藩物語 高遠藩』、P65
  2. ^ 『シリーズ藩物語 高遠藩』、P66
  3. ^ 『シリーズ藩物語 高遠藩』、P67

参考文献編集