メインメニューを開く

内野 優(うちの まさる、1955年10月13日 - )は、日本政治家神奈川県海老名市長(5期)。元・海老名市議会議員(4期)。

内野 優
うちの まさる
生年月日 (1955-10-13) 1955年10月13日(64歳)
出生地 神奈川県海老名市河原口
出身校 専修大学法学部法律学科
前職 海老名市議会議員
所属政党 無所属
公式サイト 内野まさる後援会公式ホームページ

当選回数 5回
在任期間 2003年12月24日 - 現職

Flag of Ebina, Kanagawa.svg 海老名市議会議員
当選回数 4回
在任期間 1983年 - 1999年
テンプレートを表示

来歴編集

神奈川県海老名市河原口出身。海老名町立有鹿小学校海老名町立海老名中学校神奈川県立厚木高等学校卒業。1978年(昭和53年)3月、専修大学法学部法律学科卒業。同年4月、海老名市役所へ入庁。

1983年(昭和58年)、海老名市議会議員に就任。以後市議を4期務める[1]

1999年(平成11年)11月14日、改正公職選挙法により海老名市長・市議選挙が同日に実施される[2]。内野は市長選挙に挑むも現職の亀井英一に敗れる。

2003年(平成15年)11月9日に行われた海老名市長選挙に無所属で出馬。海老名市議の三田高司と元衆議院議員秘書の堀誠らを相手に激戦を制し初当選した(内野:23,159票、三田:23,110票、堀:13,217票)。投票率は66.5%。12月24日、市長就任。

2007年、2011年、2015年に海老名市長選で再選されている[3]。2019年の市長選で5選。

政策・主張編集

  • 2015年(平成27年)5月18日、海老名市は北海道登別市との間で姉妹都市の締結を行った[4]

脚注編集

外部リンク編集