内野 熊一郎(うちの くまいちろう、1904年6月17日 - 2002年11月14日)は、漢文学者。

静岡県二ノ宮で藤川家に生まれ内野台嶺の娘と結婚、内野家の養子となる。1929年東京高等師範学校卒、1932年東京文理科大学漢文学科卒業。1950年「今古文源流考」で東京文理科大学文学博士。1933年東方文化研究所研究員、1941年陸軍経理学校教官、陸軍教授、1951年東京文理科大学・東京教育大学助教授、1952年教授、1967年日本大学教授、1975年退職。長女は哲学者の左近司祥子、次女は音楽学者・上野学園大学名誉教授の内野允子[1]

著書編集

  • 詩経毛伝引月令句考』東方文化学院 1936
  • 『申綽詩次故の学の詩説史上に占める位地』東方文化学院 1936
  • 『秦代に於ける経書経説の研究』東方文化学院 1939
  • 『支那古代生活史』清水書店 1941
  • 『漢初経書学の研究』清水書店 1942
  • 墨子』日本評論社 東洋思想叢書 1942
  • 論語評解』有精堂出版 1952
  • 『学習受験中國經學解釈』金子書房 1953
  • 孟子評解』有精堂出版 1953
  • 『漢文漢字の教育』新思潮社 実践国語選書 1954
  • 『新漢和辞典』清水書院 1957
  • 『中国古代金石文における経書讖緯神仙説攷』内野熊一郎博士頌寿記念論文刊行会 1987
  • 『日本漢文学研究 内野熊一郎博士米寿記念論文集』名著普及会 1991
  • 『内野熊一郎博士白壽紀念東洋学論文集』内野熊一郎博士白壽紀念東洋学論文集刊行委員会 2000

共編著編集

  • 『必修国語漢文力問題選』小沢文四郎共監修 敬文社 1952
  • 『漢文の重点的研究』飯田吉郎共著 桜井書店 ミニマム・エッセンシャルズ 1954
  • 『中国思想文学史』編 敬文社 1954
  • 『学生の新漢和辞典』編 清水書院 1955
  • 『研究漢文』共著 清水書院 1956
  • 『新釈漢文大系 第4巻 孟子』明治書院 1962
  • 『漢魏碑文金文鏡銘索引 隷釈篇』編 極東書店 1966
  • 孔子西村文夫[要曖昧さ回避],鈴木総一共著 清水書院 センチュリーブックス 人と思想 1969
  • 『漢魏碑文金文鏡銘索引 金文・鏡銘・墓誌銘・碑文篇』編 極東書店 1972
  • 呂氏春秋中村璋八共著 明徳出版社 中国古典新書 1976
  • 『孟子』加藤道理編 明治書院 新書漢文大系 2002

記念論集編集

  • 『東洋学論集 内野博士還暦記念』漢魏文化研究会 1964

編集

  1. ^ 「内野博士年譜」『内野熊一郎博士白壽紀念東洋学論文集』