円より子

日本の政治家

円 より子(まどか よりこ、戸籍名 山﨑 順子(やまざき よりこ)、1947年(昭和22年)2月10日 – )は、日本政治家。現在国民民主党 東京都第17区 総支部長。参議院議員(3期)、女性初の参議院財政金融委員長民主党副代表、民主党東京都総支部連合会会長などを歴任した。

円 より子
まどか よりこ
生年月日 (1947-02-10) 1947年2月10日(74歳)
出生地 日本の旗 神奈川県横須賀市
出身校 津田塾大学学芸学部英文学科
前職 評論家
参議院議員
現職 国民民主党 東京都第17区 総支部長
所属政党日本新党→)
新進党→)
フロム・ファイブ→)
民政党→)
民主党→)
国民怒りの声→)
無所属→)
旧国民民主党→)
国民民主党
称号 英文学士
公式サイト 円より子(まどかよりこ)公式サイト 国民民主党 衆議院 東京都 第17区(葛飾区全域・江戸川区東小岩・西小岩・南小岩・北小岩・上一色・本一色・興宮町)

選挙区 比例区
当選回数 3回
在任期間 1993年7月16日 - 2010年7月25日
テンプレートを表示

経歴編集

神奈川県横須賀市生まれ[1]。現在は東京都在住。香川県立高松高等学校から東京都立大泉高等学校に転入し、津田塾大学学芸学部英文学科卒業。ジャパンタイムズ編集局勤務を経て、フリージャーナリスト作家として活動。

1979年、現代家族問題研究所を開設。代表に就任。3月、「ニコニコ離婚講座」を開設。1981年ハンド・イン・ハンドの会(離婚女性を支援する会)を結成、代表に就任。

1989年エコロジーを掲げる政党ちきゅうクラブ」の推薦人となる。

政歴編集

主張・活動編集

  • 2003年、超党派の「母と子支援議員連盟」事務局長(会長:丹羽雄哉衆議院議員)として「母子家庭の母の就業の支援に関する特別措置法」を成立させた。
  • 2006年4月26日東京永田町の参議院議員会館で行われた「共謀罪に反対する超党派国会議員と市民の緊急院内集会」で呼びかけ人を務めた[12][13]
  • 2007年1月31日柳澤伯夫厚生労働相が女性を「子どもを産む機械」と発言した問題で、柳澤の罷免を求める集会の呼びかけ人を務めた。
  • 2007年11月7日、産科医・助産師の養成数を増やすと共に、助産所の嘱託医・連携医療機関政府および地方公共団体が確保することなどを求める「身近な地域での安心して産める場所の確保に関する請願」の紹介議員となる。本請願は参議院厚生労働委員会および本会議における審査の結果、採決された(内閣送付)。
  • 2008年5月12日ガソリン税など道路関係諸税を今後10年間道路財源に充てることなどを規定する道路整備費の財源等の特例に関する法律の一部を改正する法律案に対し、参議院財政金融委員会において反対討論を行う。
  • 2008年5月30日ハンセン病問題の解決を図るため、請願の紹介議員となる。本請願の提唱団体は、全国ハンセン病療養所入所者協議会。本請願は本会議においてにおける採決の結果、採択(内閣送付)された。

政策編集

人物編集

シベリア抑留問題の解決について編集

「戦後強制抑留者問題解決促進議員連盟」会長として、戦後満州日本人ソ連に抑留され、強制労働させられた問題(いわゆるシベリア抑留問題)の被害者を救済する法律の成立に向け、中心的な役割を果たしている[18]

繰上当選について編集

1992年参議院議員選挙比例代表区日本新党名簿7位として立候補したが、日本新党の当選枠が4人だったため落選した。翌1993年、同党の比例名簿順位5位だった松崎哲久除名処分で比例名簿から除外され、さらに、比例上位で当選していた細川護煕小池百合子両参議院議員が同年7月の総選挙立候補で失職となったため、円が繰り上げ当選により参議院議員となった。この際、除名された松崎が除名処分による比例名簿からの除外は無効だと主張し、自らの当選と円より子の当選無効の訴えを起こした(日本新党繰上補充事件)ものの、最高裁において円の当選は問題なく有効との判決が出た。

金融政策編集

  • 2004年、女性として初の参議院財政金融委員長に就任。
  • バブル崩壊後の長期経済停滞について、財政金融政策による経済成長軌道の回復を一貫して訴えている。
  • 過去の円売りドル買いの為替介入について、その効果を冷静に検討するべきとの立場。
  • 日銀による超低金利政策の効果と是非、すなわち低金利により投資を促進し、経済を活性化すると同時に、政府の国債利払い費の抑制という政策目的とその効果を、低金利により本来国民金融資産から国民が得るべき金利収入が失われている負の効果と比較し、冷静に検討するべきとの立場。
  • 対ドルの円レートを、円安に維持して輸出刺激を図ることと、日本の購買力や国家の経済規模が減殺されることの影響を、冷静に比較衡量すべきとの立場。特に、インフレーション(=貨幣価値の減殺)が進んだ米ドルに対する日本円の名目レートを安く維持することは、実際の通貨価値以上に円の価値を安くすることであると指摘し、強い円によっても活力を維持する経済構造への転換を進めるべきと主張。

その他編集

議員連盟編集

  • アムネスティ議員連盟
  • 共謀罪に反対する超党派国会議員と市民の集い(呼びかけ人)[19]
  • 母と子支援議員連盟(事務局長)
  • 戦後強制抑留者問題解決促進議員連盟(シベリア議連)(会長)

主な著書編集

  • 『主婦症候群』(ちくま文庫)
  • 『ターニングポイント』(新潮社)
  • 『どういう子に育てたいですか』(主婦と生活社)
  • 『一人でも変えられる』(日本評論社)
  • 『30代は二度こない 子どもとキャリアどちらもほしい』(ミネルヴァ書房)
  • 『女と通貨と政治文化─失われた二十年をこえて』(第一法規)
  • 『愛に渇いた人々』(白石書店)
  • 『円テーブルの家族』(文化出版局)
  • 『夫、あぶない』(ちくま文庫)
  • 『ママ、笑ってごらん』(ネスコ・文藝春秋)
  • 『40歳からの夫と妻の向き合い方』(大和書房)
  • 『夫と妻がもっとわかりあうために』(大和書房)
  • 『子育てが終わった夫婦のための本』(大和書房)
  • 『ママの離婚』(ちくま文庫)
  • 『妻たちの静かな反乱』(ちくま文庫)
  • 『夫婦が離婚する理由、しない理由』(大和書房)
  • 『ママの離婚―子どものためのプログラム』 (ちくま文庫)
  • 『再婚時代』(ちくま文庫)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集

議会
先代:
平野貞夫
峰崎直樹
  参議院財政金融委員長
2004年
2009年
次代:
浅尾慶一郎
大石正光