メインメニューを開く
このページの項目名には、環境により表示が異なる文字があります。公式の表記ではしんにょう)の点が二つです。

円山 大迂(まるやま たいう、天保9年(1838年) – 大正5年11月5日(1916年))は、近代日本の篆刻家である。

は真逸。名古屋の人。

略伝編集

名古屋の造り酒屋に生まれる。熊本など各地に住み、京都にて貫名海屋の門人となり、経学などを学ぶ。明治11年、上海に渡り徐三庚楊峴に師事し篆刻を学んだ。帰国後、この新しい印風を日本に伝える。詩・書・画にも巧みであった。東京駿河台南甲賀丁に居宅を構える。

著作編集

  • 『篆刻思源』
  • 『学歩盦三集』(三冊一帙)
    • 『学歩盦印蛻』
    • 『学歩盦詩鈔』
    • 『学歩盦画譜』

出典編集

関連項目編集