円満院 (足利政知側室)

正室とも。

円満院(えんまいん、? - 延徳3年7月1日1491年8月6日))は、足利政知側室、または正室[1]室町幕府第11代将軍である足利義澄の生母。父は武者小路隆光

生涯 編集

権大納言である武者小路隆光の娘として生まれる。堀越公方初代・足利政知の側室(または正室)となり、清晃(後の足利義澄室町幕府第11代将軍)、潤童子の生母となる。

しかし、政知の死後、かつて政知によって廃嫡され幽閉されていた茶々丸(潤童子の異母兄)によって、延徳3年(1491年)7月1日に潤童子共々殺害されている。殺害された理由としては、一説に自らの子である潤童子を政知の後継に据えるために円満院が茶々丸を讒言しており、それが廃嫡・幽閉に繋がっていたことを恨んでいたためともされている[2]

足利義澄が11代将軍に就任すると、幕府奉公衆であった伊勢宗瑞(北条早雲)に命じて実母と実弟を殺害した茶々丸を討伐したのが、いわゆる「伊豆討ち入り」であったと言われている。

脚注 編集

  1. ^ 継室とも言われるが、黒田基樹は他に政知の正室が確認できないことから、円満院が正室であり、茶々丸は庶出ではないかとしている。 「戦国大名・伊勢宗瑞」角川選書 2019年
  2. ^ 「静岡県史」(静岡県1994年