メインメニューを開く

円谷 昌弘(つぶらや まさひろ、1958年 - )は、円谷プロダクション 5代目社長で、監督、プロデューサー圓谷昌弘とクレジットされる作品もある[1]



人物編集

1958年円谷一長男として生まれる。祖父は円谷英二。また円谷英明(円谷プロダクション第 6代社長)、俳優の円谷浩は弟、円谷一美は妹、円谷一夫(円谷プロダクション第4代目社長、元・円谷プロダクション名誉会長)は従弟、元・歌手の円谷優子は従妹にあたる。

1990年の『ウルトラマンM715』にてウルトラシリーズ初参加。『甦れ!ウルトラマン』『ムーンスパイラル』では監督を務める。

セクハラ疑惑編集

2003年、円谷プロ 5代目社長に就任したが、同プロの女性社員からセクハラで民事訴訟を起こされる[2]。裁判後は社長から重役に降格して同プロに在籍を続けるが、翌年になってから退社。

その後『円谷英二の言葉』(文春文庫)の鼎談にて、数年振りに表舞台に姿を見せる。

参加作品編集

脚注編集

外部リンク編集