メインメニューを開く

円通院(えんつういん。旧字体:圓通院)は、宮城県宮城郡松島町日本三景松島)にある臨済宗妙心寺派の寺院である。本尊は聖観世音菩薩。瑞巌寺の南側に隣接してある。通称バラ寺」「薔薇寺」[1]

円通院えんつういん
Entsuin2.jpg
所在地 宮城県宮城郡松島町松島字町内67
位置 北緯38度22分16.8秒 東経141度3分34.8秒 / 北緯38.371333度 東経141.059667度 / 38.371333; 141.059667
宗旨 臨済宗妙心寺派
本尊 聖観世音菩薩
創建年 正保4年(1647年
開山 洞水(瑞巌寺第100世和尚)
開基 伊達忠宗
別称 バラ寺、薔薇寺
札所等 三陸三十三観音霊場・第1番札所
文化財 圓通院霊屋 附厨子1基・棟札1枚
公式HP 円通院
法人番号 9370605000267 ウィキデータを編集
円通院 (宮城県松島町)の位置(宮城県内)
円通院 (宮城県松島町)
テンプレートを表示

概要編集

 
石庭「雲外天地の庭」

19歳で早世した伊達光宗菩提寺であり、光宗の霊廟である三慧殿が「圓通院霊屋」の名で国の重要文化財に指定されている。光宗は仙台藩第2代藩主・伊達忠宗の次男であり、仙台藩祖・伊達政宗からみると孫にあたる。

三慧殿の厨子には、慶長遣欧使節を率いた支倉常長西洋から持ち帰ったバラと、フィレンツェを象徴する水仙が描かれている。この厨子のバラをヒントに天野明道住職が、「白華峰西洋の庭」(6,000m2)にバラを植えて一般の観覧に供したため、「薔薇寺」の異名でも呼ばれるようになった。ただし、バラは開花時期が限られるため、院内を覆うコケの方が印象深い。

そのほか、数珠作り体験と、庭園のライトアップで知られる。境内には「縁結び観音」もある。

文化財編集

重要文化財(国指定)編集

  • 圓通院霊屋 附厨子1基、棟札1枚

町指定有形文化財編集

  • 大悲亭(本堂)
  • 山門
  • 木造聖観音坐像(本尊)

アクセス編集

JR仙石線松島海岸駅から徒歩5分、JR東北本線松島駅から徒歩20分。

脚注編集

外部リンク編集