メインメニューを開く

冉伯牛

孔子の高弟。孔門十哲の一人。

冉 伯牛(ぜん はくぎゅう、紀元前544年 - ?)は、中国春秋時代儒学者伯牛魯国(現在の山東省南部)出身。『論語』では単に伯牛とも記載される。孔門十哲の一人。

冉伯牛
生誕 紀元前544年
死没 未詳
時代 中国春秋時代
地域 東洋哲学
学派 儒教
研究分野 政治哲学、倫理学、他多数
主な概念 仁、君子
テンプレートを表示

論語との関わり編集

孔子弟子が後世にまとめた『論語』において登場するのは二ヶ所で、一つは孔門十哲に関する記述(先進第十一)、もう一つは冉伯牛が重い病(ハンセン病と伝えられる)にかかり、窓越しに孔子の見舞いを受けた(雍也第六)記述のみである。