写真小史

ヴァルター・ベンヤミンの著書

写真小史』(しゃしんしょうし、原題:Kleine Geschichte der Photographie)はドイツ批評家ヴァルター・ベンヤミン1931年に発表した著書写真史を語る上で欠かすことの出来ない評論書の一つである。

ドイツの週刊新聞『文学世界』1931年9月18日号、9月25日号、10月2日号に掲載されたものが元になっている。

それまでの芸術にあった「いま・ここ」という1回性(アウラ)が写真などの複製技術の登場によって消滅していく過程を説き、一方で写真の新たな可能性、使命について考えている。

日本語訳編集

関連項目編集