冠羽(かんう)は、一部の恐竜種の頭部、頸部などに見られる特徴的な長く伸びた羽根。冠羽によって形成される冠状・房状・扇状などの毛束を羽冠という[1]

オウムなどの羽冠は、自由に上げたり下げたりして仲間とコミュニケーションするほか、敵に対して体を大きく見せかける防御手段に使われる[2]

羽冠の種類編集

recumbentとrecursiveに分類できる[3]。またモモイロインコのように両方の特徴を持つ種もある[2]

recumbent crest

伏せた状態に出来る冠羽[3]

recursive crest

羽を広げてない状態でも目立っており、色も鮮やかな冠羽[2]

ギャラリー編集

換羽によるもの

恐竜編集

 
色素メラノソームの痕跡分布から復元された小型羽毛恐竜アンキオルニスの復元画

4枚の翼をもつ小型羽毛恐竜アンキオルニスは、色素メラノソームの痕跡から赤い冠羽を持っていたと考えられている[4][5]

出典編集

  1. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典:羽冠(うかん、crest)コトバンク
  2. ^ a b c Highfill, Carol. “Those Magnificent Cockatoo Crests”. Cockatoo Heaven. 2013年5月2日閲覧。
  3. ^ a b Moustaki, Nikki (2005). Parrots for Dummies (1st ed.). Indianapolis, IN: Wiley Pub. ISBN 978-0764583537
  4. ^ 恐竜の色はどのようにして復元するの?|恐竜・古生物 Q&A|FPDM: 福井県立恐竜博物館”. www.dinosaur.pref.fukui.jp. 2022年1月22日閲覧。
  5. ^ Yale Scientists First to Reveal Flamboyant Colors of a Dinosaur’s Feathers” (英語). YaleNews (2010年2月4日). 2022年1月22日閲覧。

関連項目編集