冤罪File(えんざいふぁいる)は、メディアックスが年2回発売している冤罪専門雑誌である。発行元は、2008年の創刊からしばらくはキューブリックだったが、現在は希の樹出版(のぞみのきしゅっぱん)。

冤罪File
ジャンル 冤罪専門雑誌
刊行頻度 年2回(5月末、11月末発売)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 550円(税込)
出版社 発行:希の樹出版、発売:メディアックス
編集部名 冤罪File編集局
刊行期間 2008年3月(Vol.1)より
ウェブサイト http://enzaifile.com/
テンプレートを表示

創刊以来、 東電OL殺人事件布川事件足利事件福井女子中学生殺人事件など、近年、再審無罪判決が出た事件や再審開始決定が出た事件について、これらの事件が冤罪として社会的に有名になる前にいち早く冤罪事件として取り上げてきた。また、八海事件 などの歴史的冤罪事件を取り上げてきた、波崎事件三鷹事件といった歴史的冤罪疑惑事件も取り上げた他、和歌山毒物カレー事件も幾度にもわたり、冤罪の疑いがある事件として取り上げている。

巻頭で、冤罪問題と関連がある著名人のインタビューを掲載することが多く、創刊号に登場した周防正行以来、田中森一亀井静香落合恵子やくみつる森達也三井環木谷明佐野眞一などが登場している。やくみつるは巻頭インタビューに登場したVol.4以来、毎号、冤罪関係の最新の話題をテーマにしたイラストや4コマ漫画を表紙や目次のページに提供している。

過去に取り上げた事件(五十音順)編集

外部リンク編集