メインメニューを開く

冨塚宥けい

日本の政治家
本来の表記は「冨塚宥暻」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

冨塚 宥暻(とみつか ゆうけい、1946年1月6日 - 2018年10月17日)は、日本政治家福島県田村市長(3期)、船引町長(1期)を務めた。

冨塚 宥暻
とみつか ゆうけい
生年月日 (1946-01-06) 1946年1月6日
出生地 福島県船引町(現田村市
没年月日 (2018-10-17) 2018年10月17日(72歳没)
出身校 駒澤大学文学部英米文学科
所属政党 無所属
称号 旭日小綬章

当選回数 3回
在任期間 2005年4月17日[1] - 2017年4月16日

Flag of Funehiki Fukushima.png 福島県船引町
当選回数 1回
在任期間 2003年4月 - 2005年2月28日
テンプレートを表示

来歴編集

福島県船引町出身。福島県立田村高等学校駒澤大学文学部英米文学科卒業。1994年(平成6年)4月、船引町教育委員会教育課長に就任。1999年(平成11年)6月、船引町助役に就任[2]

2003年(平成15年)4月、船引町長に就任。

2005年(平成17年)3月1日、滝根町大越町都路村常葉町、船引町の5町村が合併して田村市が誕生。これに伴って行われた4月10日告示、4月17日投票の市長選において無投票で初当選。

2009年(平成21年)も2013年(平成25年)もともに無投票により当選した。

2017年(平成29年)の田村市長選では元県議会議員の本田仁一が立候補し、市合併後初の選挙戦となったが、4,500票以上の差を付けて敗れ、4選は成らなかった[3]

2018年(平成30年)10月17日、内臓疾患のため死去。72歳没[4]。叙従五位旭日小綬章追贈[5]

脚注編集

外部リンク編集