メインメニューを開く

冨宅 正浩(ふけ まさひろ、1975年10月24日 - )は、日本政治家大阪府柏原市長(1期)。元柏原市議会議員(1期)。

冨宅 正浩
ふけ まさひろ
生年月日 (1975-10-24) 1975年10月24日(43歳)
出生地 大阪府柏原市
出身校 立命館大学法学部
所属政党無所属→)
大阪維新の会
公式サイト ふけ正浩 OFFICIAL HOME PAGE

当選回数 1回
在任期間 2017年3月11日 - 現職

Flag of Kashiwara Osaka.svg 柏原市議会議員
当選回数 1回
在任期間 2013年9月30日[1] -
テンプレートを表示

来歴編集

大阪府柏原市出身。追手門学院小学校同中学校、同高等学校卒業。立命館大学法学部卒業。八尾市役所に就職。維新政治塾の一期生修了[2]

2013年(平成25年)9月の柏原市議会議員選挙に初当選。2016年(平成28年)12月26日、翌年に行われる柏原市長選挙に大阪維新の会の推薦を受けて出馬する意向を表明した[3]

2017年(平成29年)2月12日、柏原市長選挙執行。女性問題が大きく報道され議会から問責決議案を受けた現職の中野隆司[4][5]は1期目にして出馬を断念。冨宅は自由民主党推薦の友田景ら新人3候補との戦いを制し初当選した。投票率は43.38%だった[6]。3月11日、市長就任[1]

脚注編集

外部リンク編集