冨山太佳夫

冨山 太佳夫(とみやま たかお、1947年9月5日 - )は、日本の英文学者、立正大学文学部教授。専門はヴィクトリア朝小説を中心とした英文学および文化研究だが、文学理論現代思想、歴史研究にも造詣が深い。

父は税理士冨山實[1]

目次

経歴編集

鳥取県西伯郡日吉津村出身。

鳥取県立米子東高等学校を経て、東京大学文学部英文学専修課程卒業。1973年同大学院修士課程修了、同大助手、お茶の水女子大学専任講師・助教授、成城大学助教授・教授を経て2001年、青山学院大学文学部英米文学科教授。1993年、『シャーロック・ホームズの世紀末』で芸術選奨新人賞、2004年、『書物の未来へ』で毎日書評賞受賞。毎日新聞書評者。

著書編集

単著編集

  • 『テキストの記号論』(南雲堂 1982年)
  • 『方法としての断片』(南雲堂 1985年)
  • 『シャーロック・ホームズの世紀末』(青土社 1993年、増補版2015年)
  • 『空から女が降ってくる スポーツ文化の誕生』(岩波書店 1993年)
  • ダーウィンの世紀末』(青土社 1995年)
  • ポパイの影に-漱石 / フォークナー / 文化史』(みすず書房 1996年)
  • 『岩波セミナーブックス 『ガリヴァー旅行記』を読む』(岩波書店 2000年)
  • 『文化と精読 新しい文学入門』(名古屋大学出版会 2003年)
  • 『書物の未来へ』(青土社 2003年)
  • 『笑う大英帝国-文化としてのユーモア』(岩波新書 2006年)
  • 『英文学への挑戦』(岩波書店 2008年)
  • 『おサルの系譜学――歴史と人種』(みすず書房 2009年)
  • 『文学の福袋〈漱石入り〉』(みすず書房 2012年)

共編著編集

  • 『D.H.ロレンス『狐』とテクスト』立石弘道共編 国書刊行会 1994
  • 『現代批評のプラクティス 全5巻』(研究社 1995-2001年)
  • セリーヌを読む Louis-Ferdinand Celine』有田英也共編 国書刊行会 1998
  • 『D.H.ロレンスとアメリカ/帝国』立石弘道・宇野邦一巽孝之共編 慶應義塾大学出版会 2008
  • 『イギリス小説の愉しみ』塩谷清人共編 音羽書房鶴見書店 2009
  • 『「終わり」への遡行 ポストコロニアリズムの歴史と使命』秦邦生・中井亜佐子・溝口昭子・早川敦子共編著 英宝社 2012

訳書編集

  • ウィリアム・ライター『神話と文学』(紀伊國屋書店 1976年)
  • チャールズ・ロバート・マチューリン 『世界幻想文学大系5 放浪者メルモス』(国書刊行会(2分冊)、1977年、新装版(全1巻)、2012年)
  • ヴァン・デル・ポスト 『影の獄にて』 由良君美共訳 (思索社 1978年、新版1982年、新思索社 2006年)
  • 『シャーロック・ホームズの記号論 C.S. パースとホームズの比較研究』 
    • トマス・アルバート・シービオクほか(岩波書店:岩波現代選書 1981年、岩波同時代ライブラリー1994年) 
  • アーサー・コナン・ドイル 『バスカル家の犬』(東京図書 1982年、ちくま文庫 1997年)
  • 『悪魔の骰子 ゴシック短篇集』 ド・クィンシー他 (小池滋共編、国書刊行会「ゴシック叢書」 1982年)
  • スーザン・ソンタグ 『土星の徴しの下に』 (晶文社 1982年、みすず書房(新版) 2007年)
  • スーザン・ソンタグ 『隠喩としての病い』(みすず書房 1982年)
  • ヴァン・デル・ポスト『内奥への旅』 (思索社 1983年)
  • エドワード・ブルワー=リットン 『ザノーニ』(村田靖子共訳 国書刊行会 1985年)
  • ロバート・スコールズ『記号論のたのしみ 文学・映画・女』(岩波書店 1985年、新版2000年)
  • クリストファー・ノリス『ディコンストラクション』(荒木正純共訳、勁草書房 1985年)
  • ジョナサン・カラー『ディコンストラクション』(折島正司共訳、岩波書店 1985年、岩波現代文庫(上下)、2009年) 
  • キャサリン・ダルシマー『思春期の少女たち 文学にみる成熟過程』(三好みゆき共訳、岩波書店 1989年)
  • スーザン・ソンタグ『エイズとその隠喩』 (みすず書房 1990年)
  • マリー=ルイス・フォン・フランツ『世界創造の神話』(富島芳子共訳、人文書院 1990年)
  • ラカンを読む』 ジェーン・ギャロップ (椎名美智・三好みゆき共訳、岩波書店 1990年、新版2000年)
  • ロラン・バルト』 ジョナサン・カラー (青弓社 1991年)
  • ウィリアム・ドムホフ『夢の秘法 セノイの夢理論とユートピア』(奥出直人共訳、岩波書店 1991年)
  • イーヴリン・ウォー『大転落』(岩波文庫 1991年)
  • ポール・ド・マン『理論への抵抗』(大河内昌共訳 国文社 1992年)
  • リチャード・ドイル『叢書・イギリスの思想と文化 挿絵の中のイギリス』(弘文堂 1993年)
  • ノリス『デリダ もうひとつの西洋哲学史』(篠崎実共訳 岩波書店 1995年)
  • サンダー・L・ギルマンニーチェとパロディ』 (永富久美共訳 青土社 1997年)
  • ジョン・グロス 『ユダヤの商人シャイロック』 (越智博美共訳、青土社 1998年)
  • エレイン・ショウォールター『性のアナーキー 世紀末のジェンダーと文化』(永富久美ほか2名共訳、みすず書房 2000年)
  • スーダン・ソンタグ『火山に恋して ロマンス』(みすず書房 2001年)。歴史小説
  • ピーター・ゲイ『快楽戦争 ブルジョワジーの経験』(青土社(訳者代表) 2001年)
  • 『現代思想芸術事典』 アンドリュー・エドガー、ピーター・セジウィック編(訳者代表、青土社 2002年)
  • ジョナサン・スウィフト 『ユートピア旅行記叢書6 ガリヴァー旅行記』(岩波書店 2002年) 
  • ジョナサン・カラー『1冊でわかる 文学理論』(荒木映子共訳 岩波書店 2003年)
  • ピーター・ペリクレス・トリフォナス『エーコとサッカー』(岩波書店 2004年)
  • スーザン・ソンタグ 『書くこと、ロラン・バルトについて エッセイ集 1 (文学・映画・絵画)』 みすず書房 2009年
  • スーザン・ソンタグ 『サラエボで、ゴドーを待ちながら エッセイ集 2 (写真・演劇・文学)』みすず書房 2012年
  • スウィフト『『ガリヴァー旅行記』徹底注釈 本文篇』岩波書店 2013年。2冊組
  • ジョン・キーガン『チャーチル 不屈の指導者の肖像』岩波書店、2015年

脚注編集

  1. ^ 『鳥取県人名録』より

外部リンク編集