メインメニューを開く

冬のリヴィエラ』(ふゆのリヴィエラ)は、1982年11月21日に発売された森進一の56枚目のシングル。

冬のリヴィエラ
森進一シングル
B面 駅灯り
リリース
ジャンル 演歌歌謡曲ポップス
時間
レーベル ビクター
作詞・作曲 松本隆(作詞)
大滝詠一(作曲)
前田憲男(編曲)
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間10位(4週連続・オリコン
  • 1983年度年間41位(オリコン)
  • 5位(ザ・ベストテン
  • 1983年上半期14位(ザ・ベストテン)
  • 1983年度年間36位(ザ・ベストテン)
  • 森進一 シングル 年表
    男の真情
    (1982年)
    冬のリヴィエラ
    (1982年)
    紐育物語
    (1983年)
    テンプレートを表示

    目次

    解説編集

    収録曲編集

    1. 冬のリヴィエラ
    2. 駅灯り

    カバー編集

    • 大滝詠一 - アルバム『SNOW TIME』に英語詞のセルフカバー「夏のリビエラ」[2]を収録した。
    • 敏いとうとハッピー&ブルー - 彼らの全曲集に収録されている。2008年元日放送『みのもんた おめでとう日本の歌謡曲』で「冬のリヴィエラ」が取り上げられた際には、森進一ではなく彼らが曲を披露した。
    • 森昌子 - 1984年にカバー。アレンジは原曲とほぼ同じ。
    • 譚詠麟、陳潔靈——1987和88年作品《80歲後》和《忘記回望》。
    • 駒田徳広 - 『84'ヤングジャイアンツ歌の球宴』収録。
    • ボサノバカサノバ - 1996年に「夏のリビエラ」をカバー。2010年に発売された大瀧詠一のトリビュート・アルバム『大瀧詠一 Cover Book I - 大瀧詠一カバー集 Vol.1 (1978-2008)』にも収録された。
    • What's Love? - 大瀧詠一のトリビュート・アルバム『ナイアガラで恋をして Tribute to EIICHI OHTAKI』(2002年)でカバー。翌2003年、彼らのアルバム『温故知新』にも収録された。
    • 関ジャニ∞ - ミニアルバム『感謝=∞』(2004年)収録。アレンジは現代風になっている。
    • 中西圭三 - カバーアルバム『結晶』(2009年)収録。ポップなアレンジとなっている。

    脚注編集

    関連項目編集