メインメニューを開く

冷気柴客(れいき さいきゃく)は台湾鉄路管理局でかつて運行していた列車種別のひとつ。2006年11月に廃止され、電聯車とともに区間車・区間快車に種別が統合された。

冷気柴客
TRA DRC1025 at Taichung Station 20060129.jpg
集集線へ乗り入れる冷気柴客(台中駅
各種表記
繁体字 冷氣柴客
簡体字 冷气柴客
拼音 Lěngqìcháikè
注音符号 ㄌㄥˇ ㄑㄧˋ ㄔㄞˊ ㄎㄜˋ
発音: ロンチー チャイコー
台湾語白話字 líng-khì chhâ-kheh
日本語読み: れいき さいきゃく
テンプレートを表示

冷気クーラー柴客気動車を指す。

1998年12月西部幹線普通車(冷房未搭載)に代わり新設された列車種別で、これにより西部幹線では全車両にクーラーが導入された。停車駅は普通車・と同様各駅停車で運行されたが、クーラー搭載のため運賃はそれらより高く、優等列車の復興号と同額にされた。

車両編集

日本車両DR1000型気動車(1998年12月に列車種別が新設されると同時に運用開始)

営業区間編集

運用廃止の時点では、主として支線にて運用されていた。

関連項目編集